Authorship - 著者と読者のための自由でアクセス可能なインターネット

Authorshipの発展により、書籍出版業界の機能の単純化、作家、読者、翻訳者、出版社が現代のテクノロジーを利用できるような支援とインターネットによる分散化経済の貢献の両方に我々の情熱を注ぎます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ATS
開始日時
2017-08-15
終了日時
2017-09-14
調達金額
3215470 USD
最低目標
500,000 USD
最高目標
7,000,000 USD
トークン供給数
100,000,000
公式サイトへ Owner of Authorship?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Authorshipはインターネットの非中央集権化のアイデアを基本に発展しようとしているウェブプラットフォームで、その目的としてイーサリアムを使う予定です。プラットフォームを作家、読者、出版社や翻訳者に提供する目的としては、お互いの相互作用だけでなく、利用できるサービスを提供する場所として、Authorshipは出版業界を再定義するでしょう。これは著者に対して彼らの仕事を預かること、出版の過程、そして月ごとにお金を稼ぐことを可能にするでしょう。

Authorshipの目的

Authorship の目的は全ての権威を著者に与えることにより出版のプロセスを簡素化することです。著者がプラットフォームにおいて本を出版する時、彼らは全ての権利を得て、出版社の複雑な規約に従う必要もなく、流通や、出版社とのロイヤリティの分配について心配する必要もなくなります。従来の出版業界は発行人が最も有利なポジションでした。

発行人だけが本を出版するためのインフラやリソースと流通手段を持っているためで、著者は、高額で、作品が多くの読者に届くようにするための不公平な政策に焦点を当ててきました。Authershipの世界では長い間発行人が独占していた不公平な利益が終わろうとしています。執筆のコントロールと課金を著者に与えることで、プラットフォームは公平な規約、仕事を得てお金を稼ぐ割合と向き合うことになるでしょう。

結論

サードパーティーの干渉、検閲、故障、詐欺なしに機能するデジタル世界は、私たちが長い間夢見てきたことです。Authorshipは夢を現実にするために一歩前に踏み出しています。インターネットの完全な非中央集権化のために、さらに多くのことが必要とされながらも、成功しているウェブプラットフォームの発展は、それが現実の世界で実現するはずがないと信じる懐疑論者が間違っていたことを証明するでしょう。

さらに、Authorshipは出版業界を再定義するでしょう。著者、読者、翻訳者、そして発行人を同じプラットフォーム上に持ってくることで、発行、挑戦、そして従来の出版業界の欠点が、本を読み書きする上で存在することはなくなり、新しい時代の始まりとなるでしょう。

チーム

N. Warfield
N. Warfield
Chief Executive Officer
P. Coman
P. Coman
Chief Development Officer

人気STO/ICO記事

  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他
  • 人民元、11年ぶりに1ドル=7元台へ・・ビットコイン急騰に関係か

    ビットコインの相場は8月4日の午後23時30分頃より上昇し始め、8月5日午後12時頃、3週間ぶりの高値を更新した。ビットコインの急騰の理由と考えられるのは中国の通貨である、人民元が5日、1ドル=7元台に下落したことが大きな理由として考えられる。人民元の急落により、資産の退避先としてビットコインや金を買う投資家が急増し、相場に影響を与えていると見られてる。人民元急落の背景としては、トランプ米大統領が中国に対し新たな追加関税を来月から発動する方針を示したことから、中国政府が元安誘導を容認していると予測される。※米輸入品ほぼ全てに制裁関税を広げる「第4弾」を9月に発動する方針を表明している。<ins
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7