AsicVault - 物理的に安全な仮想通貨金庫

AsicVaultは、暗号業界向けにセキュアな素子チップとソリューションを作るセキュリティ会社です。 これらのチップはAsicFuelを燃やします。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
AVF
開始日時
2018-10-18
終了日時
2018-12-22
最高目標
52,500,000 EUR
初回価格
0.6799 USD
トークン供給数
96,250,000
公式サイトへ Owner of AsicVault?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームOwn
タイプOwn
参加可能通貨BTC, BCH, ETH, LTC
供給率66%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Public Sale1st week - 25%
  • 2nd week - 20%
  • 3rd week - 15%
  • 4th week - 10%

概要

AsicVaultは、暗号業界向けにセキュアな素子チップとソリューションを作るセキュリティ会社です。当社の安全な素子チップは、単一のユーザーのためだけの普通のチップではありません。同時に何千人ものユーザーをサポートすることができます。 100,000〜1,000,000人のユーザーをサポートできる1RUサイズのアプライアンスシステムを発表します。ユーザーのすべての秘密鍵は、独立したチップエリアに保存され、他のユーザーはアクセスできません。隔離された安全なストレージのために、すべてのキーを一度に盗んだり、アクセスしたりすることは不可能です。このような機能はハードウェアには存在しないため、ハッキングする可能性のある脆弱なオペレーティングシステムはありません。秘密鍵をコピーする方法はありません。このアプライアンスシステムは、オンラインウォレット、取引所、銀行、およびさまざまなブロックチェーン資産を保有する他の企業によって使用できます。誰も秘密鍵の所有者になり、誰もあなたの資金を保留または盗むことはできません。取引所のハッキングはもはや不可能です。    当社のチップは、適切な信頼できる実行環境(TEE)を形成します。 Teechanと同様の方法で、支払いチャネルに資金を投入することなく、Trusted Execution EnvironmentはAsicVaultユーザー間で即座に取引を行うことができます。また、Atomic Swapsと呼ぶこともできます。我々は何の制限もなく異なる仮想通貨をサポートすることができるので、同じTEEは高頻度取引システム(分散型取引所(DEX))も問題ないです。あなたはいつも秘密鍵の所有者です。あなたは預金したり、払い戻す必要はありません。個人的なAsicVaultハードウェアウォレットは分散型取引に直接参加することができます。

チーム すべてを見る

Hando Eilsen
Hando Eilsen
Chief Architect
Andris Vaivods
Andris Vaivods
Chief Commercial Officer
Rain Adelbert
Rain Adelbert
Chief Hardware Engineer
Matiss Paegle
Matiss Paegle
Corporate Finance
Nauris Circenis
Nauris Circenis
Chief Tokenomist
Slava Kravtchenko
Slava Kravtchenko
International Affairs

人気STO/ICO記事

  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元: