AsicVault - 物理的に安全な仮想通貨金庫

AsicVaultは、暗号業界向けにセキュアな素子チップとソリューションを作るセキュリティ会社です。 これらのチップはAsicFuelを燃やします。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
AVF
開始日時
2018-10-18
終了日時
2018-12-22
最高目標
52,500,000 EUR
初回価格
0.6799 USD
トークン供給数
96,250,000
公式サイトへ Owner of AsicVault?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームOwn
タイプOwn
参加可能通貨BTC, BCH, ETH, LTC
供給率66%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Public Sale1st week - 25%
  • 2nd week - 20%
  • 3rd week - 15%
  • 4th week - 10%

概要

AsicVaultは、暗号業界向けにセキュアな素子チップとソリューションを作るセキュリティ会社です。当社の安全な素子チップは、単一のユーザーのためだけの普通のチップではありません。同時に何千人ものユーザーをサポートすることができます。 100,000〜1,000,000人のユーザーをサポートできる1RUサイズのアプライアンスシステムを発表します。ユーザーのすべての秘密鍵は、独立したチップエリアに保存され、他のユーザーはアクセスできません。隔離された安全なストレージのために、すべてのキーを一度に盗んだり、アクセスしたりすることは不可能です。このような機能はハードウェアには存在しないため、ハッキングする可能性のある脆弱なオペレーティングシステムはありません。秘密鍵をコピーする方法はありません。このアプライアンスシステムは、オンラインウォレット、取引所、銀行、およびさまざまなブロックチェーン資産を保有する他の企業によって使用できます。誰も秘密鍵の所有者になり、誰もあなたの資金を保留または盗むことはできません。取引所のハッキングはもはや不可能です。    当社のチップは、適切な信頼できる実行環境(TEE)を形成します。 Teechanと同様の方法で、支払いチャネルに資金を投入することなく、Trusted Execution EnvironmentはAsicVaultユーザー間で即座に取引を行うことができます。また、Atomic Swapsと呼ぶこともできます。我々は何の制限もなく異なる仮想通貨をサポートすることができるので、同じTEEは高頻度取引システム(分散型取引所(DEX))も問題ないです。あなたはいつも秘密鍵の所有者です。あなたは預金したり、払い戻す必要はありません。個人的なAsicVaultハードウェアウォレットは分散型取引に直接参加することができます。

チーム すべてを見る

Hando Eilsen
Hando Eilsen
Chief Architect
Andris Vaivods
Andris Vaivods
Chief Commercial Officer
Rain Adelbert
Rain Adelbert
Chief Hardware Engineer
Matiss Paegle
Matiss Paegle
Corporate Finance
Nauris Circenis
Nauris Circenis
Chief Tokenomist
Slava Kravtchenko
Slava Kravtchenko
International Affairs

人気STO/ICO記事

  • 【7/13】世界ニュースまとめ - 財務省・金融庁・日銀がリブラの連絡会を設置か、個人情報流出のFacebookに制裁金5,400億円、バイナンスCEO「個人投資家の比率6割以上」、相場の主導は個人投資家

    暗号資産専門メディアCoinpostの報道で財務省・金融庁・日銀が共同で「リブラ」に関する連絡会を設置したことが分かった。リブラは20億人のFacebookユーザーを中心に急激な普及が予想されるが、マネーロンダリングや既存の金融システムに影響などの不透明な部分が多いため、必要に応じ会合を開き、対策などのさまざまな論点について議論する予定だ。参照元:<ins></ins>ブルームバーグによると13日(現地時間)バイナンスCEOは同メディアとのインタビューで、「今年の仮想通貨の価格上昇は機関投資家の参入の結果だという見方もあるが、バイナンスの取引高は約60%が個人投資家によるものだ」と述べ、ビッ
  • 【7/10】世界ニュースまとめ2 - 税務当局、納税者の仮想通貨関連モニタリングを強化する方針、イギリスの大手銀行がLibraのコンソーシアムに参加検討

    9日(現地時間)Cointelegraphの報道によると、米税務当局(IRS)はアップル、マイクロソフト、グーグルなどの大手IT企業を通じ、納税者の仮想通関連アプリのダウンロード履歴を把握するとともに脱税防止のためFacebook,TwitterなどのSNSプラットフォームの投稿に対する調査を強化する予定だ。公認会計士で「Crypto Tax Girl」として知られている暗号資産税金専門家Laura Walter氏はツイッターを通じ、米税務当局のプレゼンテーション資料を公開し、該当資料が米税務当局の犯罪調査局の職人たちを対象にした発表で使用されたと主張した。入手された資料によると、米税務当局は
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・