Apla - 政府およびビジネスエコシステム構築のためのブロックチェーンソリューション

Aplaは、ピアツーピアネットワークをベースとし、Aplaによって開発されたオリジナルのブロックチェーンプロトコルに基づいて構築された、オープンソース(パブリックおよびプライベート)のブロックチェーンプラットフォームです。 Aplaブロックチェーンは、急成長中の世界的な共同経済セグメントに、安全でシンプルで準拠したブロックチェーンインフラストラクチャを提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
APL
開始日時
2018-11-01
終了日時
2019-07-27
最低目標
28,000,000 USD
最高目標
280,000,000 USD
初回価格
5.6580 USD
トークン供給数
59,100,000
公式サイトへ Owner of Apla?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームOwn
タイプOwn
参加可能通貨BTC, ETH, Fiat
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

EGAAS S.A.は、ドバイとモスクワに2つの子会社を持つルクセンブルグを拠点とするソフトウェア開発会社で、インドのパートナーソフトウェア会社、そして世界中には30人以上のコアIT開発者がいます。同社は、ルクセンブルク、アラブ首長国連邦、インド、ロシアのクライアント向けに、独自のAplaブロックチェーンプロトコルと、ブロックチェーンテクノロジのさまざまなユースケースのための多数の概念実証を開発しました。土地および車両の登記、著作権およびその他の資産の売却のための市場、証券の発行、その他多数が含まれます。

私たちの使命は、イノベーション、人的資本の有効活用、そして社会の前向きな変化を推進する、中小企業(「SME」)のブロックチェーン技術の大量採用を促進することです。

Aplaブロックチェーンは、急速に成長しているグローバルな共同経済セグメントのための、安全でシンプルで準拠したブロックチェーンインフラストラクチャです。中小企業は、運用コストと製品化までの時間の短縮、開発初期段階の資金調達のソリューション、ビジネスプロセスの自動化、統合決済システム、AML / CFT準拠のインフラストラクチャ、信頼必要のない協力、ビジネスのスケーラビリティ、および製品の世界規模の採用、エンドカスタマーへのサービスから利益を得ます。

チーム すべてを見る

Oleg Strelenko
Oleg Strelenko
Founder/CTO
Vitaly Bondar
Vitaly Bondar
CEO/Legal
Jesus Pena-Garcia
Jesus Pena-Garcia
COO
Chris Bruck
Chris Bruck
CMO
Fouad Rathle
Fouad Rathle
Head of government relation
Muhammed Arafath
Muhammed Arafath
Sales Director

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常