Anything App - 誰もが他人を助けてお金を稼ぐことができます

Anything Appは、ERC20 / ERC223トークンANYによって提供される迅速かつパーソナライズされた質問を解決するために設計されたモバイルアプリです.

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ANY
開始日時
2018-05-28
終了日時
2018-06-17
最低目標
700 ETH
最高目標
20,000 ETH
初回価格
1 ANY = 0.00025 ETH
トークン供給数
200,000,000
公式サイトへ Owner of Anything App?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC223/ERC20
参加可能通貨ETH
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • PRE-SALE FIRST STAGE - 40%
  • PRE-SALE SECOND STAGE - 35%
  • PRE-SALE THIRD STAGE - 30%
  • MAIN SALE FIRST STAGE - 20%
  • MAIN SALE SECOND STAGE - 15%

概要

AnyCoinはAnything Appの原動力です。 これにより、ユーザーはプラットフォーム上で提供される時間を補うことができます。 同様に、私たちはコミュニティをインセンティブにして成長させることができます。 私たちのアプローチは、このトークンの大量採用を可能にします。 トークンはイーサリアムプラットフォーム上に構築されたERC20 / ERC223に基づいています。

チーム すべてを見る

Lodewijk Veldhuijzen "Louie"
Lodewijk Veldhuijzen "Louie"
CEO & CO-FOUNDER
Josh Winter
Josh Winter
CTO & CO-FOUNDER
Zakaria Gaizi
Zakaria Gaizi
CHIEF MARKETING OFFICER
Yoni Schrris
Yoni Schrris
HEAD OF PRODUCT RESEARCH
Steve Becerra
Steve Becerra
LEAD FRONTEND ENGINEER
Ibtehal Ibrahim
Ibtehal Ibrahim
BACKEND DEVELOPER

人気STO/ICO記事

  • 【コインポインとは】無料でビットコインが貰える|リスクなく暗号資産を運用しよう

    コインポインとはコイン相場が運営するお小遣いサイトです。普段のお買い物や娯楽などのサービス利用をで利用するだけで、ビットコインを貰うことができるお得なお小遣いサイトです。ビットコインといえば、2017年4月頃から2017年末のバブル期を彷彿とさせる価格高騰をみせており、改めて注目を集めています。新しいテクノロジーとして投資家から注目されるビットコインですが、まだまだ黎明期であり不安定な市場です。そこで、投資初心者の方にも手軽にリスクなくビットコインに触れて欲しいという想いから、がリリースされました。や、として、まずは気軽に体験してみませんか?の仕組みはアフィリエイト広告で成り立ってい
  • bitbank(ビットバンク)のおすすめ理由を解説!セキュリティーが堅牢で銘柄が豊富なbitbankで口座を開いてみよう

    ✅ 【お得】取引すればするほどおトク!メイカー取引はマイナス手数料新しい価格を指値で頻繁に取引を行うトレーダーには最適の取引所!なんと、メイカー取引の手数料が-0.02%で取引をすればするほどおトク!※メイカー(Maker)とは、板にない価格を作ることをいいます。✅ 【安心】セキュリティーが堅牢暗号資産取引所の分析企業CERによると、ビットバンクのセキュリティー体制は日本一、物理的な方法からの盗難や内部犯行の対策として秘密鍵が一つではなく、複数に分割された「マルチシグ」で管理✅ 【便利】アプリが使いやすく、UIが洗練されている24時間休まない仮想通貨市場では必ずスマホでの対応が必要な場合が多い
  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ