AMMUT NETWORK - 低コストハードウェアプラットフォーム

プラットフォームによって推進されているAMMUTソリューションは、幅広いテクノロジに対応する総合的なモデルを提供するように設計されています。 具体的には、AMMUTプラットフォームを使用して、ディープラーニング、マイニング、科学計算、CGIレンダリング、3Dレンダリングなど、高い計算能力を必要とするより多くの問題を解決できることを意味します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
XAMM
開始日時
2019-03-01
終了日時
2019-06-01
最高目標
180,000 ETH
初回価格
0.0957 USD
トークン供給数
180,000,000
公式サイトへ Owner of AMMUT NETWORK?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

AMMUTエコシステムは、ディープラーニング、マイニング、科学計算、CGIレンダリング、3Dレンダリングなど、高い計算能力を必要とするタスクを解決するために構築、設計、および装備されています。 高い計算能力を必要とするタスクの実行を専門とし、収益性と寿命の点で既存のすべてのモデルと、ネットワークに接続されたすべてのAmCUデバイスからなるAmmutネットワークを大幅に改善するハードウェアプラットフォーム。 AmCUは、ユーザーが最初に設定した収益係数に基づいてネットワークからタスクを取得し、その結果をAmmutネットワークに送信してから、収益係数とタスクの解決に要した時間に基づいて報酬を受け取ります。

チーム

Charlie Blake
Charlie Blake
Project Manager
Melissa Alexander
Melissa Alexander
Software Developer
Brian Ferguson
Brian Ferguson
Brian Ferguson Hardware Architect
Frederik Lund
Frederik Lund
Advisor
Andy Veiss
Andy Veiss
Advisor

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ