ScientificCoin - ブロックチェーンベースのクラウドファンディングプラットフォーム

Scientificcoinは、ロシア最大の科学センターを基盤にして開発された、科学開発用の独自の分散プラットフォームです。核物理学、分子遺伝学およびウイルス学、情報生物学、遺伝子鎖の理論、コンピュータープロテオミクス、ナノ構築、および他の多くの独自の開発が含まれます。科学プロジェクトは開発に必要な資金を得ることができ、投資家は専門家の分権化を通じて収益性とリスクを確実に評価します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SNcoin
開始日時
2018-07-20
終了日時
2019-02-28
最高目標
2,200,000 USD
初回価格
1.5000 USD
トークン供給数
30,000,000
公式サイトへ Owner of ScientificCoin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率30%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Scientificсoinは、シリコンバレーの中心にある科学開発のための独自の分散プラットフォームです。 Scientific Coin Incは、著名な科学者や成功したさまざまな新興企業の創設者によって所有されています。

Scientific Coin Incはスイスに子会社を持つ親会社で、認可された暗号通貨会社、そしてロシア - ソフトウェア、数学的アルゴリズム、その他の知的財産の創設者です。 プロジェクトは必要な資金を調達することができ、投資家は分散した専門家パネルを通じて収益性とリスクを確実に評価することができます。

専門家の意見の高い信頼性を考えると、良い評価のプロジェクトは広告に出費することなく必要な資金を引き付けることができます。

チーム すべてを見る

Dvedenidov Maxim
Dvedenidov Maxim
CEO
Muller Ekaterina
Muller Ekaterina
CIO
Mauro Biasolo
Mauro Biasolo
CAO
Nagornykh Dmitry
Nagornykh Dmitry
CTO
Komarov Yury
Komarov Yury
ECONOMICS
Vitaly Belekhov
Vitaly Belekhov
SOFTWARE SECURITY

人気STO/ICO記事

  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他
  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、
  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi