CryoGen - クライオニックス技術の最先端の科学を応用して寿命を延ばす機会を提供する

CryoGenプロジェクトは、世界的に有名な冷凍技術会社KrioRusの科学的かつ組織的な管理下にあります。 CRYOトークンはCryoStoreのCryoGenサービスの取得にアクセスできるユーティリティートークンで、企業のすべての利用可能なサービスを購入することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CRYO
開始日時
2017-11-07
終了日時
2017-11-21
最高目標
100,000,000 USD
初回価格
1 CRYO = 1 USD
トークン供給数
100,000,000
公式サイトへ Owner of CryoGen?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-ICO - 30% discount

概要

クライオニクス(語源はギリシャ語のκρύος―寒さ、極寒)とは、未来における回復を目的として深冷状態で臓器や人間、動物を長期的に保存するテクノロジーです。これは、凍結保存の実用的な技術と超低温状態での生物体(臓器、動物、人間)の保存を基に実現される長期的な研究です。クライオニクスは近い将来において凍結保存患者を通常の生命活動に戻す可能性を与える可逆的凍結テクノロジーの開発を目的としています。

クライオニクスは未来の科学的成果を用いて後に人体の生命活動プロセスを再開する目的で、(法的な死亡宣告の後に)人体をマイナス196度の液体窒素の中で保存することに取り組んでいます。人体凍結保存技術は低温生物学の科学に依拠しています。低温生物学は生物体への凍結の影響を研究しています。その主な目的は極低温を用いて長期的だが可逆的な生命停止テクノロジーを開発することです。

私たちのミッション

私たちのミッションは先端技術を用いて寿命を延ばす可能性を人々に与えることにあります。その先端技術とはクライオニクスと意識のデジタル保存です。

現時点、クライオニクス技術の研究には十分な科学的リソースと研究資金が割かれていません。CryoGenはこのテクノロジーに世界の科学コミュニティの意識を向けることを課題としています。また、完全に安全な解凍技術の開発分野における基礎研究の奨励も課題です。私たちの活動はこの分野の研究と研究の発展の決定的要因となるでしょう。

私たちの活動の過程で得られた結果は、全世界の人々の生活の質と寿命を大きく向上させるために用いることができる可能性があります。

仮想通貨(暗号通貨)経済市場は、従来の投資サイクルのメカニズムを通すより2,3倍速くプロジェクトの資金調達を可能にする株式投資型クラウドファンディングのメカニズムにより、科学的ブレイクスルーのチャンスをもたらします。

CRYOGENのソリューション

凍結保存

世界中の研究者は50年以上、細胞組織や臓器の生命活動の回復の可能性を持った凍結保存技術の開発と改良に取り組んでいます。この分野でどこよりも活発なのは米国、日本、ロシア、ドイツです。この結果、脳や臓器の凍結保存のための新たな手法が現れています。

次の2種類の凍結保存が存在します。

  • 神経細胞保存―脳のみを保存する方法です。
  • 完全保存―人間や動物の全身が保存されます。

クライオニクスは研究者が凍結保存患者を完全に回復して通常の生命活動に戻す手段を見つけるまで損傷なしに人体を保存する可能性を与えます。

現在、生物学的な限界をはるかに越えて人の寿命を延ばすことができ、未来において生物体の回復の基本的な可能性を確認する、重要な理論的かつ実験的な科学的基盤が存在します。

CryoGenプロジェクトのために集められた資金を用いて、5〜7年間で人間の臓器や小型脊椎動物、後には高等動物や人間の可逆的凍結技術を開発し、実験を行います。当技術のコンセプトはすでに個々の実験において証明済みです。例えば2017年2月にはブタの心臓の一部の可逆的クライオニクス的冷凍に成功しました。

CryoGenのスペシャリストは私たちの部署で次の技術の仕上げと導入に取り組みます。

1.ガラス化(氷結晶の細胞壁を損傷しないガラス状態での深冷)。私たちの開発は過冷却ガスで飽和した凍結保護剤を血管に注入することによる超急速冷却でガラス化の達成を可能にします。 2. あらかじめ導入されたナノ凍結保護粒子を用いた交番磁界での超高速で均一な加熱。 3. 不活性ガスをベースとした新しい無毒性凍結保護剤の使用。

宇宙旅行

クライオニクスは遠く離れた惑星や星系までたどり着く私たちのチャンスです。

人類という生命体は必然的に地球を越えて広がり、宇宙に住みつくでしょう。

CryoGenプロジェクトは宇宙の仮死サービス提供先導者となるあらゆるチャンスを有しています。私たちの技術は近い将来に遠距離宇宙飛行のために用いられる可能性があります。

クライオトークンの妥当性

Cryoトークン(クライオトークン)は以下のことが可能な複合型トークンです Cryoマーケット(Cryo Market,下記参照)で利用可能な当社サービス全てを、クリオルス社が提供するサービスの価格から10%オフの価格で購入することが可能。1クライオトークンは1ドルに相当します(ICO価格)。

トークンの発行はCryoGenプロジェクトのプレICOとICO段階で実際に集められたトークンの規模で行われます。ICOの段階で1クライオトークン=1米ドルの価格で1億トークンを集めることを見込んでいます。(ハードキャップ)

Cryoマーケット

現時点、クライオトークンで以下のものが獲得可能です(以下は10%オフ後の価格)

  • DNA保存―800CRYO;
  • 神経細胞保存―1万6200CRYO(ロシア国外在住の場合)、1万3500CRYO(ロシア国内に定住の方);
  • 凍結保存患者搬送―3000〜9000CRYO(搬送会社によって価格は決定);
  • 全身凍結保存(full-body)―3万2400CRYO;
  • 動物の凍結保存―9000〜3万2400CRYO(主に動物のサイズにより変動);
  • Standby services (standing by the bedside of a patient)―患者のベッドサイド待機モード―4万5000〜9万CRYO;
  • 凍結保存患者の宇宙打ち上げ―18万CRYO〜.

未来の医学

CryoGenは医学の変容に永遠に貢献します。私たちは、器官の可逆的凍結保存技術と移植目的のクライオバンキングの開発技術を開発しています。時間の経過とともに、私たちのクライオバンクは、幹細胞から成長した臓器や組織を保存したり、3Dバイオプリントによって作成したりします。凍結保存は、医療専門家が数百万人の命を救うための高度な技術を使用するためのより多くの時間を可能にする。

ヨーロッパの開発

CryoGenは、ヨーロッパのクライオニックス業界、そしておそらくユーラシアにおいて、確かなリーダーになるでしょう。スイスはプロジェクトのグローバル本部の基地に選ばれました。安楽死が許されているため、現時点では最高品質の冷凍機が可能です。ヨーロッパはクライオニックスに対する需要が非常に高く、現在ではKrioRus契約の約25%が西ヨーロッパの顧客と締結されています。

ロシアの開発

CryoGenは、ロシアでのKrioRusの地位を強化するとともに、モスクワ近辺の新しい寒冷センターの開設と、最も手頃で効率的なナノクリオニクス技術の開発の加速化を図る予定です。ロシアの法律は、DNA保存、器官のクライオバンキング、遺伝子アーカイブなどの補助サービスを統合することを可能にします。

星の隣に!

CryoGenは、宇宙アナビシスサービスを提供する世界のリーダーになるユニークな機会を持っています。私たちの技術は、すぐに長期間の宇宙旅行に使用されることが予想されます。その方向への第一歩は既に行われています。

ロードマップ

2019

  • 第2棟に緩和センターを開設―緩和センターによるトヴェリへの投資の回収開始。
  • トヴェリでの、冷凍保管所の多層コントロール・モニタリングシステムを用いたクライオセンターへの建物の完全改築の終了。
  • トヴェリにあるクライオセンターの建物内でアンチエイジング医療センターが稼働を開始。
  • スイスの冷凍保管所への顧客獲得に向けた欧州とアジアでの大規模PRキャンペーンの実施。欧州でのクライオニクス賛同者による2つの大型カンファレンス実施を含む。
  • 欧州とロシアで、細胞組織と小型サンプルの可逆的凍結の研究結果に対する特許取得と登録。
  • ナノ粒子を用いた動物臓器の可逆的凍結保存の大規模実験開始とそれに付属する実験。
  • スイスにおける冷凍保管所建設の完了。
  • クライオニクス契約数増加に向けたクライオニクスのプロモーションに関するマーケティング活動。
  • デュワー機製造の拡大。アジアや南米、アフリカのパートナー団体やクライオニクス企業への追加販売用を含む。

2020

  • 取引コスト削減と凍結保存患者数の増加によるトヴェリ市の緩和クライオセンター投資額の回収。
  • スイスで欧州クライオニクス研究センターの創設
  • 安楽死企業、ホスピス、医療クリニックと働く技術の実用化と広範な適用
  • スイスのクライオニクス保管所が欧州クライオニクスの中心地となり、スイスでクライオニクスに関する法律が発展する。
  • 商業的安楽死「慈悲深い凍結」テクノロジーが完成して導入される。凍結保存契約数の増加。
  • トヴェリ市でのアンチエイジングセンターによる老化研究の活発期。活動の拡大、実験結果や学術研究結果の公開。
  • 大型動物の第1号臓器の信頼できる安全な可逆的凍結保存テクノロジーを獲得。

2021

  • トヴェリ市とスイスでのクライオセンターがフル稼働。クライオニクスは他地域でも発展し、凍結保管所チェーンの拡大の必要性が現れる。
  • 大型動物の複数の臓器の信頼できる安全な可逆的凍結テクノロジーを獲得。
  • 実験が人間の遺体の臓器で開始される。

2022

  • 亡くなった人々の臓器の可逆的凍結実験が開始される。

チーム

Valeriya Udalova
Valeriya Udalova
Co-founder and CEO of the Russian company KrioRus
Sergey Evfratov
Sergey Evfratov
Head of Kriorus perfusion lab. Biochemist, a molecular biologist
Yuriy Pichugin
Yuriy Pichugin
Director of Science. PhD. International experience in cryobiology is 40 years.
Elena Serebryannikova
Elena Serebryannikova
A financial adviser to the Cryogen project in Switzerland.
Igor Artyukhov
Igor Artyukhov
Co-Founder and Development Director of KrioRus
Ustin Kolbin
Ustin Kolbin
Director of Communications for Project Cryogen

人気STO/ICO記事

  • 韓国大手取引所Upbitハッキング疑惑・・KISAが調査中

    韓国、最大級大手取引所Upbit(アップビット)で600億ウォン相当の大金が出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。Upbit(アップビット)は「サーバー点検による、仮想通貨入出金の一時中止」をアナウンスしている。27日、韓国の業界の情報筋よると午後2時16分Upbit(アップビット)のウォレットで約600億ウォンに達する仮想通貨が匿名の口座に出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。まず出金された仮想通貨はETH(イーサリアム)で560億ウォンが出金された後、1次点検がアナウンスされた。その後、ビットトレントトークン(BTT)40億ウォンが出金され2次点検がアナウンスされている。<in
  • 【FXとは?】特徴、仕組みなどを分かりやすく説明!

    FX(外国為替証拠金取引)とは、外国為替取引を「証拠金」で行う取引のことです。利益を得られる方法は大きく2つあります。1. 「価格変動」による為替差益2. 「スワップ」による金利差益ん。。まだ、見ても分からないと思いますが、詳しくは後ほど説明しますのでまずはFX取引には2つの方法で利益が得られることを頭に入れておきましょう。二つの方法で利益が得られるが、二つを同時に狙うことはとても難しいためベテランのトレーダーでも一般的には「価格変動」による為替差益を中心にトレードします。FX取引の最大の収益は、価格変動による為替差益から得ることができます。ビットコイン、金、株式など全ての投資と同様に安く買っ
  • ノアシティ-分権国家の夢の実現

    新たな分散型経済を支持する人にとっての究極の夢は、ブロックチェーン技術の基本原則にのっとって運営される国家に居住することです。すなわち、民主主義、権力分配と分権、コンセンサスによる意思決定、デジタル自治といった原則です。この夢はノアシティによって現実になろうとしています。ノアプロジェクトは長期にわたって暗号資産市場に存在し続けています。最近、ノアプロジェクトはと提携して、ノアがその構築を目指すエコシステム全体をホストするための新ブロックチェーンの開発を進めています。Platinum Q DAOエンジニアリングが関わる別のプロジェクトが、です。これは分散型ネットワーク上で運営され、その分散型