Amazonians Green Coin - 社会環境イノベーション

EBCFでは、ブロックチェーンテクノロジーを使用して、新しいトークン化された経済内で、アマゾン熱帯雨林の保全、生物多様性の保護、伝統的な地域コミュニティの持続可能な開発をサポートし、CO2排出量を削減します。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
AMA
開始日時
2019-11-01
終了日時
2020-04-30
初回価格
10 AMA = 0,077 USD
トークン供給数
62,480,000,000
公式サイトへ Owner of Amazonians Green Coin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC-1592
参加可能通貨USD, CHF, GBP, EUR, ETH, BTC
供給率71%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

EBCFは、以下を促進する社会環境ミッションによって推進される社会的企業です。(i)熱帯雨林の保全。 (ii)生物多様性の保護、(iii)地域社会の持続可能な発展、および(iv)CO2排出削減。その結果、私たちは森林破壊、貧困、地球温暖化、気候変動と積極的に戦います。

EBCFの経済的使命は、7つの収益源に基づいて、社会環境的使命を果たすための資金を調達するためにさまざまなエコサービスとビジネス関連活動を開発することです。

  • 木材を含まないアマゾン製品(果物、種子、抽出物、油、エッセンス、香料、粉末など)の持続可能な収穫
  • カーボンクレジット
  • 企業の社会的責任
  • 個人の社会的責任
  • エコツーリズム(エコリゾート)
  • 科学研究(R&D)
  • 技術開発。

EBCFでは、民間部門と個人が森林破壊、貧困、地球温暖化に対する解決策の一部でなければならないことを理解しています。

私たちは、グローバルコミュニティがミッションに私たちと一緒に参加する機会があるプラットフォームを提供することを目指しています。

私たちは、持続可能な価値が、単なる金銭的寄付と利益重視の戦略の副産物ではなく通貨である世界を見ています。

チーム

Leonardo Barrionuevo
Leonardo Barrionuevo
Founder & CEO
Nilton Constantino
Nilton Constantino
CFO Board Member Of Amazon Protection Foundation
Jerome Heelein
Jerome Heelein
Swiss Administrator, Acting CTO
Edmilson Castilla
Edmilson Castilla
Economic Projects Management

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )