Veridium - 世界の二酸化炭素排出量をシームレスに削減

Veridiumは、地球の自然資源を持続させ、炭素排出を削減する再生経済を創出するための協力的な取り組みです。我々が構築しているシステムは、業界標準のカーボンオフセットを自由に交換可能なトークン化資産に変えます。 当社のパートナーは、企業のグローバルサプライチェーン全体のカーボンクレジットアカウンティングとプロセスを相殺するを自動化する市場を作り出しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CRB
開始日時
2019-01-01
終了日時
2019-01-01
調達金額
5,500,00 USD
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
10 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Veridium?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームStellar
タイプStellar
参加可能通貨ETH, BTC, USD
供給率不明
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域USA, China
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Round 1 - CLOSED - 30% Discount
  • Round 2 - 20% Discount
  • Round 3 - 15% Discount
  • Round 4 - 10% Discount

概要

Veridiumは、IBMおよびStellarを含む業界リーダーによる共同イニシアチブで、カーボンクレジットおよびその他の自然資本資産のためのトークン化取引市場を創出しています。 Veridiumは、クレジットを暗号資産交換に流動性のある代替資産にトークン化することにより、企業、政府、個人がカーボン負債とオフセットを取得、取引、計上するためのシームレスな方法を提供します。当社のオープンマーケットソリューションは、抽出的な経済モデルから移行し、地球との持続可能な関係を始めるためのツールを提供します。

Veridiumは、CARBONとVERDEの2つのトークンを作成しました。

CARBONトークンは、国際的に検証済み炭素クレジットの多様化されたバスケットからの1つのカーボンクレジットを表す、アセットバックトークンです。

VERDEトークンは、Veridiumの取引の基本通貨であり、企業のカーボンクレジットアカウンティングを自動化し、グローバルサプライチェーン全体でプロセスを相殺するEcoSmart-ProtocolTMトランザクションを容易にします。

チーム すべてを見る

Todd Lemons
Todd Lemons
Chairman
Jim Procanik
Jim Procanik
Executive Director
Neslihan Feradov
Neslihan Feradov
Director of Strategic Partnerships & Marketing
Cameron Balahan
Cameron Balahan
Chief Technology Officer
Scott Hogge
Scott Hogge
VP of Engineering
Brian Kelly
Brian Kelly
Advisor

人気STO/ICO記事

  • 一目で丸わかり!仮想通貨取引所ランキング |手数料徹底比較

    ★★★★★ 日本円入金 : 無料 ★★★★★ 日本円出金 : 無料 ★★★★☆ 取引所 : Maker:-0.01%、Taker:0.05% ★★★★☆ 販売所(スプレッド) : 低め ★★★☆☆ レバレッジ(ロング) : 0.04%/日 ★★★☆☆ レバレッジ(ショート) : 0.04%/日★★★★★ 送金(btc) : 無料 ★★★★★ 送金(主要アルト) : 無料 ★★★★★ 日本円入金 : 無料 ★★★★★ 日本円出金 : 無料    ーーーーー 取引所 : ー ★★★★☆ 販売所(スプレッド) : 低め ★★★☆☆ レバレッジ(ロング) : 0.04%/日
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)
  • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

     ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。