Amazonians Green Coin - 社会環境イノベーション

EBCFでは、ブロックチェーンテクノロジーを使用して、新しいトークン化された経済内で、アマゾン熱帯雨林の保全、生物多様性の保護、伝統的な地域コミュニティの持続可能な開発をサポートし、CO2排出量を削減します。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
AMA
開始日時
2019-11-01
終了日時
2020-04-30
初回価格
10 AMA = 0,077 USD
トークン供給数
62,480,000,000
公式サイトへ Owner of Amazonians Green Coin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC-1592
参加可能通貨USD, CHF, GBP, EUR, ETH, BTC
供給率71%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

EBCFは、以下を促進する社会環境ミッションによって推進される社会的企業です。(i)熱帯雨林の保全。 (ii)生物多様性の保護、(iii)地域社会の持続可能な発展、および(iv)CO2排出削減。その結果、私たちは森林破壊、貧困、地球温暖化、気候変動と積極的に戦います。

EBCFの経済的使命は、7つの収益源に基づいて、社会環境的使命を果たすための資金を調達するためにさまざまなエコサービスとビジネス関連活動を開発することです。

  • 木材を含まないアマゾン製品(果物、種子、抽出物、油、エッセンス、香料、粉末など)の持続可能な収穫
  • カーボンクレジット
  • 企業の社会的責任
  • 個人の社会的責任
  • エコツーリズム(エコリゾート)
  • 科学研究(R&D)
  • 技術開発。

EBCFでは、民間部門と個人が森林破壊、貧困、地球温暖化に対する解決策の一部でなければならないことを理解しています。

私たちは、グローバルコミュニティがミッションに私たちと一緒に参加する機会があるプラットフォームを提供することを目指しています。

私たちは、持続可能な価値が、単なる金銭的寄付と利益重視の戦略の副産物ではなく通貨である世界を見ています。

チーム

Leonardo Barrionuevo
Leonardo Barrionuevo
Founder & CEO
Nilton Constantino
Nilton Constantino
CFO Board Member Of Amazon Protection Foundation
Jerome Heelein
Jerome Heelein
Swiss Administrator, Acting CTO
Edmilson Castilla
Edmilson Castilla
Economic Projects Management

人気STO/ICO記事

  • 韓国の大手芸能事務所SMエンターテインメント、独自のブロックチェーンプラットフォームを開発か

    韓国現地メディアによると、韓国の大手芸能事務所SMエンターテインメント(BoA、東方神起、少女時代などを生みだした芸能事務所)が昨日、韓国で開かれた「Upbit開発者カンファレンス」で独自のブロックチェーンプラットフォームをリリースする計画があることを発表した。SMエンターテインメントはブロックチェーンが「仮想の世界」と「実物の世界」をつなぐいい道具として役割を果たすことができると判断した説明した。また、アーティストとファンがウィンウィン(win-win)できるモデルを作るために最善を尽くすと述べた。SMエンターテインメントの関係者は「ブロックチェーン事業を一緒にやっていく協力会社と話を進めて
  • 2019年のブロックチェーン特許申請・・中国67%・米国16%·日本5%·ドイツ4%·韓国2%

    中国メディアIPRdailyは最近2019年、上半期の世界ブロックチェーン関連の「特許申請企業ランキング100」を発表した。2019年は2018年の特許申請数をはるかに上回っている。報道によると、特許申請の数が一番多かった企業は中国企業の「アリババ」で合わせて322件を申請していた。次は中国の保険会社「平安」が274件(2位)、その次はアンティグア・バーブーダ(カリブ海東部に位置する島国)のブロックチェーン企業「nChain」が241件(3位)だった。※資料: マスターカード 79件(10位) マイクロソフト 35件(22位)一方で日本企業は NEC 18件(46位) SONY
  • 人口、約6万人のマーシャル諸島が独自の仮想通貨を発行か・・通貨名はSOV

    太平洋に位置する人口、約6万人の島国マーシャル諸島共和国が独自の仮想通貨を発行すると発表した。12日、ブルームバーグ通信によると、マーシャル諸島共和国の環境大臣であるデイビッド・ポール大臣は11日、シンガポールで開かれた仮想通貨カンファランスで「ブロックチェーン技術を用いたマーシャル諸島の独自の仮想通貨「マーシャルソブリン(SOV)」の発行を推進していることを明らかにした。現在、マーシャル諸島は自国の通貨がなく、米国のドルを法定通貨として使っている。ポール大臣は米国の経済依存度を減らす適切な時期であると判断したと述べた。また、マーシャル諸島の国民は最初に発行されるSOVの10%を、平等にもらえ