Aggregion - 知的財産権ライセンスと権利ガバナンス

Aggregionプラットフォームは、知的財産のライセンスおよび権利管理(メディアコンテンツ、ソフトウェア、その他のデータタイプなど)を可能にするデジタルサプライチェーンです。 このプラットフォームにより、著作権者は、あらゆる仲介者を通じて、また消費者の機器まで、B2B2Cのコンテンツをライセンスすることができます。 このプラットフォームは、マイクロソフト、ディズニー、ピアソン、ソフトラインなどのライブエンタープライズクライアントで生産されており、現在までに1000万ライセンスが処理されました。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
AGG
開始日時
2019-04-30
終了日時
2019-06-30
初回価格
1 AGG = 0.00030 ETH
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Aggregion?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームOwn blockchain
タイプOwn blockchain. EOS full fork
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

デジタル製品は無形です:所有するために売られるのではなく、代わりに特定の条件下で許可されて - 貸し出されます。大きな問題は、デジタル製品の所有者が、急速に変化する膨大な数のビジネス参加者、ITランドスケープ、販売チャネル、およびエンドユーザーを通じて、ビジネスをどのように管理および拡大するかです。この問題は、主要な著作権者にとって複雑さが増しています。例えば、The Walt Disney Companyは160カ国以上で事業を展開していると考えてください。    解決策はすでに存在し、運用されています。 2015年に構想されたレガシーAggregionプラットフォーム - AG1 - は、2017年初めに量産を開始したエンタープライズクラウドソリューションです。Aggregionは、MicrosoftおよびIntelからの助成金に加え、個人所有で英国のロンドンに拠点を置きます。 40人以上の正社員のチーム。わずか1年足らずで、Aggregionは世界のトップ企業のいくつかをクライアントおよびパートナーとして買収しました。    そして今、Aggregionは未来への次のステップを踏み出しています:AG2は知的財産権のライセンスと権利の統治のための世界的な標準です。 AG2は、大規模な著作権者がさまざまなB2B、B2C、およびC2Cチャネルを通じて、グローバルなエンドツーエンドの配信ネットワークとデジタルコンテンツ(映画、音楽、ゲーム、電子書籍、ソフトウェアなど)のライセンスを完全に管理できるブロックチェーンエコシステムです。 :オンライン、モバイル、小売、製造、消費者向け製品、その他多数。    大幅に変更されたEOSブロックチェーンアーキテクチャを搭載したAG2の最初のバージョンは、ネイティブAGRの販売開始と同時に2018年9月上旬に発売されます(Aggregion Rights、内部ライセンスおよび決済手段、システムを通じて取引の開始を可能にします)。販売はwww.aggregion.comウェブサイトから直接行われます。    AG2プラットフォームは、献身的なパートナーやクライアントと共に実績のあるチームを擁し、ユニバーサルメディアガバナンスアーキテクチャを通じて他の機能を実現する前に、1000億ドル規模のデジタルメディア市場に投資するのに適した立場にあります。製造業へのIPライセンスデジタル製品へのマイクロ投資。デジタルと物理の世界を融合させることを含む、他の多くのユースケース。

チーム すべてを見る

Nukri Basharuli
Nukri Basharuli
Founder / Chief Executive Officer
Denis Bezrukov
Denis Bezrukov
Founder, CTO
Levan Labartkava
Levan Labartkava
Managing Director, Co-Founder
Antonio Willybiro
Antonio Willybiro
Chief Financial Officer
Anatoly Alexeev
Anatoly Alexeev
Founder / Chief Operating Officer
Alex Manilov
Alex Manilov
Chief Business Development / Strategy

人気STO/ICO記事

  • 株式投資型クラウドファンディング・FUNDINNOについて

    日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングのプラットフォーム。日本で初めて、第一種少額電子募集取扱業者として金融庁に登録承認された。「取引量日本No.1」という表記があるが、実際に、(2020年1月時点)という実績があり、が公表している統計数値と照合すると、市場シェアの90%前後を占め、名実共に実績No.1、ほぼ市場を独占しているサービスになる。「クラウドファンディング」という名称になっているが、実際には株式投資であり、CampfireやMakuake、Kickstarterといったいわゆるクラファンとは法的も全く別物である。一般的に非上場株・未公開株と言われる店頭有価
  • 株式投資型クラウドファンディングとは?

    株式投資型クラウドファンディングは、金融商品取引法の改正に伴って2015年5月から始まった新しい株式投資の手段です。実際には、2016年10月に初めて専用ライセンスが金融庁が発行され、が成立しているので、3年弱の運用期間になる比較的新たらしい金融商品になります。※いわゆる有価証券の取扱になるので、第一種金融商品取引業のライセンスが必要になります。これまで、ベンチャーキャピタルや一部のエンジェル投資家しか購入出来なかった未公開株をインターネット上で広く購入出来るようになる仕組みです。購入金額も数十万円からとなり、個人でも購入しやすい仕組みとなっています。非上場企業の株式ですので、該当企業が上場
  • イランがミサイルを撃った後、BTCが上昇した理由は?

    イランが「コッズ部隊」のソレイマニ司令官殺害への報復としてイラクにある米空軍基地をミサイルで攻撃したことで、国際情勢が不安定になっています。高まる緊張感の中で「原油」、「金」、「BTC」の価格が大きく上昇しました。イランがミサイルを撃った後、ビットコイン(BTC)の価格が上昇した理由は何でしょうか?伝統的に国家間の武力衝突や貿易戦争のような地政学的リスクが勃発すると、お金を持っている資産家たちは財産を守るために「金」などを避難先として選んできました。今回も米国、イランの戦争リスクが高まった後「金」の価格は上昇し2013年以降、高値を更新しています。「金」の価格が上昇することは理解できるが誰も価