Siglo - 誰もがインターネットにアクセスできるべき

Sigloは、インターネットの収益化を民主化することで、新興市場のモバイルネットワークへのアクセスを提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
SGL
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
2,880,000,000
公式サイトへ Owner of Siglo?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率36%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Sigloは、モバイルアプリケーションを使用して価値を獲得し、モバイルアクセスやその他の商品やサービスを交換するためのプロトコルです。ユーザーは、Sigloのブランドパートナーと情報、注意、関心を共有することによってこの価値を蓄積し、次に通信時間のトップアップという形でモバイルコネクティビティと交換します。Sigloプロトコルに基づいて構築されたモバイルアプリは、ユーザーの同意を得てデータの使用を収益化し、これらの収益をユーザーに還元します。

Siglo Tokensの新規提供は、プラットフォームの拡張のための資金提供となります。これにより、放送時間へのアクセスがトークン化され、新規および既存の市場でSigloエコシステムが開発されます。ユーザー数が増えるにつれて、私たちのデータセットはより堅牢になり、このデータに対するブランドの需要は高まります。 Sigloプロトコルは、銀行へのアクセスがないユーザーのネットワークへのアクセスの増加とインセンティブを持つ分散型モバイルネットワークの作成を促進し、これまでモバイルネットワークでカバーされていなかった人々へのアクセスを促進します。主要なインフラストラクチャを持たないネットワークプロバイダは、従来のOSS / BSSスタックを持たずにサービスを提供しながら顧客に課金することができます。ブロックチェーンとスマートコントラクトを使用することで、Sigloは公正な方法でデータの作成者、消費者に価値を再分配することができます。

アクティブSigloエコシステムは、最初の2つの市場であるメキシコとコロンビアで、110万人の登録ユーザーと20万人の月間アクティブユーザーを持つPiggi Androidアプリを通じて、初日から存在します。過去18か月間に、Piggiユーザーによって、Piggi Coinと呼ばれる既存のオフチェーンデータ報酬ポイントを使用して、何百万ものオフチェーン(つまり、ブロックチェーンに書き込まれていない)トランザクションが行われました。 Sigloプロトコルにより、エコシステムはブロックチェーンとスマートコントラクトを使用して、アプリ、ユーザー、ブランドスポンサー間のこの関係を管理します。

Sigloは、新興市場におけるデジタルエコノミーの成長を加速させるための鍵です。ジブラルタルの会社Siglo Limitedは、そのトークンを管理し、エコシステムを促進し拡大するために働きます。デラウェアC社であるFarrow Ventures、Inc.は、Sigloプロトコル上に構築された最初のアプリであるPiggiを所有および運営しています。最初のマイルストーンが達成されると、トークンエコシステムはSigloのオープンプロトコルを使用する他のアプリを含むように拡張されます。

チーム すべてを見る

Joel Phillips
Joel Phillips
Founder Siglo
Isaac Phillips
Isaac Phillips
Founder Siglo
Jorge Trujillo
Jorge Trujillo
CTO
Antoine Delanglade
Antoine Delanglade
Business Development
Diana Palacio
Diana Palacio
Business Development
Tania Pimentel
Tania Pimentel
Project Manager

人気STO/ICO記事

  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他
  • コイン相場アプリで仮想通貨をウォッチリストに追加する方法3つ

    コイン相場ユーザーの皆様、コイン相場のウォッチリストから仮想通貨を追加する方法が3つもあるということをご存知ですか?気になる仮想通貨をどういった方法で追加するかはユーザー様次第ですが、状況によって効率よく追加する方法を考え、追加を簡単にお試しください。コイン追加・削除(編集)の画面で編集していたけど、追加したい仮想通貨がある場合は以下のような手順で簡単に追加できます。<ins></ins>ウォッチリストを見ていた際に、追加したい仮想通貨がある場合は以下の手順が効率がいいですのでお試しください。<ins></ins>銘柄の名前を覚えていないが確かにあの取引所にあったな見たらすぐ思い出せると思った
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7