LGBT Foundation - 平等な権利の追求するブロックチェーン

LGBTトークンは、LGBT財団によって発行されました。LGBT財団は、世界的なピンクの経済に仮想通貨を導入するという使命を持つ非営利団体で、サービスが十分ではない4.6兆米ドルの市場を活用します。 LGBT基金は、LGBTトークンの採用を、デジタルと物理の両方のビジネスの日常的な取引における支払い方法として推進します。 これを開始するため、LGBT財団のスポンサーであるHornet Networksは、LGBTトークンを世界中のLGBTコミュニティの約10%にあたる2千5百万のユーザーに採用し、LGBTトークンをサービスの支払い手段として受け入れます。

ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
LGBT
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of LGBT Foundation?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

LGBTトークンの目標

LGBT ID管理

LGBTメンバーが、特に反撃に直面している国々で、自分の身元を確認し、保護することを可能にします。

ピンク経済

商品とサービスのための実行可能な支払いシステムを導入することによって、世界のLGBTコミュニティの経済的な力を活用します。

LGBTの影響

LGBTの差別、抑圧、そして世界規模での不平等に取り組むための資金を調達するために、毎年トークンの一部を用意します。

チーム すべてを見る

Christof Wittig
Christof Wittig
Founder and CEO of Hornet
Ben Kubota
Ben Kubota
Project Lead
Alim Dhanji
Alim Dhanji
COO
Sean Howell
Sean Howell
LGBT Impact
Llew Claasen
Llew Claasen
Economics
Alex Conway
Alex Conway
Technical Lead

人気ICO記事

  • ポートフォリオの使い方- 仮想通貨アプリ コイン相場

    いま、どこに、どの通貨を、いくら持っているのか、リアルタイムで確認する事が出来ます。仮想通貨の資産管理は、取引所やウォレットなど、保管場所が複数ある場合、管理が非常に煩わしいです。その点、コイン相場のポートフォリオ機能は便利です。【】・【】あるいは【】しておくと価格変動に合わせた資産をリアルタイムで確認できます。日本円で表示されない海外取引所を利用するときや散らばっている資産の管理がとても簡単にできる機能です。 まずは、仮想通貨ポートフォリオ機能が使えるアプリ、利用している取引所とAPIを連携しておくと全ての取引履歴や資産残高がコイン相場アプリでも自動更新されます。連携方法については
  • 仮想通貨FX取引に最適!GMOコイン取引所の解説から登録まで完全ガイド - マイナス手数料!?

    GMOコインはGMOインターネット株式会社が運営している仮想通貨取引所です。は1991年5月24日に設立され、インターネットインフラ事業を始めインターネット広告・メディア事業、インターネット金融事業、仮想通貨事業を展開している日本の大手企業です。2017年春より仮想通貨取引のサービスを開始し、その後は2019年には、ペイメント事業に進出すると発表しています。 ◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢  ◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢・・・・・GMOコインでは販売所・取引所・レバレッジ取引すべてができる取引所です。販売所ではユーザー同士で売買を行うのではなく、販売元の取引所と売買することになります。相場
  • 海外でも有力な仮想通貨取引所、Huobiが日本進出、Huobi Japanの特徴とは?

    「Huobi Japan」は、世界中に展開する仮想通貨取引所Huobiが、日本で2019年1月から仮想通貨取引サービスを開始した国内取引所であり、金融庁の仮想通貨交換業の登録を受けています。(フォビジャパン株式会社、仮想通貨交換業 関東財務局長第00007号、)Huobiの本社(Huobi Global)には、全社員1300名のうち約300名がエンジニアとして在籍し、その多くはグローバル企業出身です。そのためHuobiは高いセキュリティを実現しており、2013年の本社創立以来、仮想通貨の流出事件は一度も発生していません。(出典) Huobiトレード画面 Huobi Japanでは、国内で人