LGBT Foundation - 平等な権利の追求するブロックチェーン

LGBTトークンは、LGBT財団によって発行されました。LGBT財団は、世界的なピンクの経済に仮想通貨を導入するという使命を持つ非営利団体で、サービスが十分ではない4.6兆米ドルの市場を活用します。 LGBT基金は、LGBTトークンの採用を、デジタルと物理の両方のビジネスの日常的な取引における支払い方法として推進します。 これを開始するため、LGBT財団のスポンサーであるHornet Networksは、LGBTトークンを世界中のLGBTコミュニティの約10%にあたる2千5百万のユーザーに採用し、LGBTトークンをサービスの支払い手段として受け入れます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
LGBT
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of LGBT Foundation?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

LGBTトークンの目標

LGBT ID管理

LGBTメンバーが、特に反撃に直面している国々で、自分の身元を確認し、保護することを可能にします。

ピンク経済

商品とサービスのための実行可能な支払いシステムを導入することによって、世界のLGBTコミュニティの経済的な力を活用します。

LGBTの影響

LGBTの差別、抑圧、そして世界規模での不平等に取り組むための資金を調達するために、毎年トークンの一部を用意します。

チーム すべてを見る

Christof Wittig
Christof Wittig
Founder and CEO of Hornet
Ben Kubota
Ben Kubota
Project Lead
Alim Dhanji
Alim Dhanji
COO
Sean Howell
Sean Howell
LGBT Impact
Llew Claasen
Llew Claasen
Economics
Alex Conway
Alex Conway
Technical Lead

人気STO/ICO記事

  • 政府の規制に打ち勝つには?分散型国家を造ろう!

    ブロックチェーン技術は、世界中で多くの人々によって政府認可の中央集権に対する著しい打撃と見られています。ですが、私たちの現在の生活の変える無限の潜在力を持つ故に、政府はそれを脅威と認識しています。各国政府は、仮想通貨を従来の貨幣制度への挑戦と見ているのです。仲介業者を排除することができる仮想通貨は、政府の権力を揺るがしかねない存在となりえます。代表的な例が、インドです。インドの中央銀行であるインド準備銀行は、仮想通貨につながる全ての口座へのするよう全銀行に指示しました。これにより、多数のプロジェクトおよび仮想通貨交換所が閉鎖に至りました。中国は資金調達手段としてのし、また仮想通貨の厳しい規
  • 仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴まとめ!メリット・口コミ

    [✅【最短】クイック本人確認で最短で即日取引が可能仮想通貨取引をする為には、KYC(本人確認)が必ず必要です。多くの他取引所では「はがき受取で本人確認」を行うため、取引までは約1週間ほどの時間がかかります。しかし、bitFlyerではスマホで本人確認手続きが完結するので最短で、即日取引が可能です。(はがき受取も可)✅【便利】初心者でも使いやすいシンプルな画面で、初心者でも簡単に操作できる販売所形式を採用しており、銘柄を選択し数量を入れるだけで売買が成立します。販売所の手数料は無料となっているが、スプレッドで見えない手数料がとられるため、頻繁に取引をする投資家は注意が必要!✅【信頼】信頼性の高い
  • 名古屋グランパス×スタートアップピッチでシンクロライフが優勝

    暗号通貨を使ったレストランレビューSNS・シンクロライフが、2019年12月に開催された中部ニュービジネス協議会と名古屋商工会議所が主催する「2019 名古屋グランパス×スタートアップピッチ」にて優勝した。コンテストでは、全国から9社が参加した中で、GINKANは自社が持つ「食べて暗号通貨が貯まるグルメSNSシンクロライフ」を活用したアイディアを発表。内容は、チームを応援するグランパスサポーター飲食加盟店を愛知県のスタジアム中心で形成し、シンクロライフの通常の暗号通貨還元に加え、勝利や優勝と連動して還元率や特典が大きくなる仕組み作るというもの。さらに、貯まった暗号通貨(シンクロコイン)でグ