LGBT Foundation - 平等な権利の追求するブロックチェーン

LGBTトークンは、LGBT財団によって発行されました。LGBT財団は、世界的なピンクの経済に仮想通貨を導入するという使命を持つ非営利団体で、サービスが十分ではない4.6兆米ドルの市場を活用します。 LGBT基金は、LGBTトークンの採用を、デジタルと物理の両方のビジネスの日常的な取引における支払い方法として推進します。 これを開始するため、LGBT財団のスポンサーであるHornet Networksは、LGBTトークンを世界中のLGBTコミュニティの約10%にあたる2千5百万のユーザーに採用し、LGBTトークンをサービスの支払い手段として受け入れます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
LGBT
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of LGBT Foundation?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

LGBTトークンの目標

LGBT ID管理

LGBTメンバーが、特に反撃に直面している国々で、自分の身元を確認し、保護することを可能にします。

ピンク経済

商品とサービスのための実行可能な支払いシステムを導入することによって、世界のLGBTコミュニティの経済的な力を活用します。

LGBTの影響

LGBTの差別、抑圧、そして世界規模での不平等に取り組むための資金を調達するために、毎年トークンの一部を用意します。

チーム すべてを見る

Christof Wittig
Christof Wittig
Founder and CEO of Hornet
Ben Kubota
Ben Kubota
Project Lead
Alim Dhanji
Alim Dhanji
COO
Sean Howell
Sean Howell
LGBT Impact
Llew Claasen
Llew Claasen
Economics
Alex Conway
Alex Conway
Technical Lead

人気STO/ICO記事

  • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

    ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており
  • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

     ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)