LGBT Foundation - 平等な権利の追求するブロックチェーン

LGBTトークンは、LGBT財団によって発行されました。LGBT財団は、世界的なピンクの経済に仮想通貨を導入するという使命を持つ非営利団体で、サービスが十分ではない4.6兆米ドルの市場を活用します。 LGBT基金は、LGBTトークンの採用を、デジタルと物理の両方のビジネスの日常的な取引における支払い方法として推進します。 これを開始するため、LGBT財団のスポンサーであるHornet Networksは、LGBTトークンを世界中のLGBTコミュニティの約10%にあたる2千5百万のユーザーに採用し、LGBTトークンをサービスの支払い手段として受け入れます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
LGBT
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of LGBT Foundation?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

LGBTトークンの目標

LGBT ID管理

LGBTメンバーが、特に反撃に直面している国々で、自分の身元を確認し、保護することを可能にします。

ピンク経済

商品とサービスのための実行可能な支払いシステムを導入することによって、世界のLGBTコミュニティの経済的な力を活用します。

LGBTの影響

LGBTの差別、抑圧、そして世界規模での不平等に取り組むための資金を調達するために、毎年トークンの一部を用意します。

チーム すべてを見る

Christof Wittig
Christof Wittig
Founder and CEO of Hornet
Ben Kubota
Ben Kubota
Project Lead
Alim Dhanji
Alim Dhanji
COO
Sean Howell
Sean Howell
LGBT Impact
Llew Claasen
Llew Claasen
Economics
Alex Conway
Alex Conway
Technical Lead

人気STO/ICO記事

  • イランがミサイルを撃った後、BTCが上昇した理由は?

    イランが「コッズ部隊」のソレイマニ司令官殺害への報復としてイラクにある米空軍基地をミサイルで攻撃したことで、国際情勢が不安定になっています。高まる緊張感の中で「原油」、「金」、「BTC」の価格が大きく上昇しました。イランがミサイルを撃った後、ビットコイン(BTC)の価格が上昇した理由は何でしょうか?伝統的に国家間の武力衝突や貿易戦争のような地政学的リスクが勃発すると、お金を持っている資産家たちは財産を守るために「金」などを避難先として選んできました。今回も米国、イランの戦争リスクが高まった後「金」の価格は上昇し2013年以降、高値を更新しています。「金」の価格が上昇することは理解できるが誰も価
  • 株式投資型クラウドファンディングとは?

    株式投資型クラウドファンディングは、金融商品取引法の改正に伴って2015年5月から始まった新しい株式投資の手段です。実際には、2016年10月に初めて専用ライセンスが金融庁が発行され、が成立しているので、3年弱の運用期間になる比較的新たらしい金融商品になります。※いわゆる有価証券の取扱になるので、第一種金融商品取引業のライセンスが必要になります。これまで、ベンチャーキャピタルや一部のエンジェル投資家しか購入出来なかった未公開株をインターネット上で広く購入出来るようになる仕組みです。購入金額も数十万円からとなり、個人でも購入しやすい仕組みとなっています。非上場企業の株式ですので、該当企業が上場
  • ノアシティ-分権国家の夢の実現

    新たな分散型経済を支持する人にとっての究極の夢は、ブロックチェーン技術の基本原則にのっとって運営される国家に居住することです。すなわち、民主主義、権力分配と分権、コンセンサスによる意思決定、デジタル自治といった原則です。この夢はノアシティによって現実になろうとしています。ノアプロジェクトは長期にわたって暗号資産市場に存在し続けています。最近、ノアプロジェクトはと提携して、ノアがその構築を目指すエコシステム全体をホストするための新ブロックチェーンの開発を進めています。Platinum Q DAOエンジニアリングが関わる別のプロジェクトが、です。これは分散型ネットワーク上で運営され、その分散型