AgentMileはAIによって強化された世界初の分散型商業用不動産賃貸プラットフォームです。 ブローカーおよび家主は、ブロックチェーンを使用したMLSで商業用不動産を記載し、リース機能、管理および報告機能を強化することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ESTATE
開始日時
2018-09-15
終了日時
2018-12-17
最低目標
1,000,000 USD
最高目標
20,000,000 USD
初回価格
1 ESTATE = 0.20 USD
トークン供給数
100,000,000
公式サイトへ Owner of AgentMile?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率71%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Week 1 of Sale - 43%
  • Week 2 of Sale - 38%
  • Week 3 of Sale - 33%
  • Week 4 of Sale - 28%
  • Week 5 of Sale - 23%
  • Week 6 of Sale - 18%
  • Week 7 of Sale - 13%
  • Week 8 of Sale - 8%
  • Week 9 of Sale - 3%

概要

商業用不動産(CRE)のイノベーションの次の波を打ち出します。    商業用不動産資産は世界最大規模の資産グループの1つですが、CRE業界はコアビジネスプロセスの革新が遅れています。今日、商業ブローカーは、異種性および陳腐化した技術、データ共有、効率の悪いキャッシュフロー管理、リアルタイムのパフォーマンスデータなどの課題に苦しんでいます。

AgentMileは、人工知能(AI)を搭載した最初の分散型CREリースプラットフォームを導入することにより、この3385兆ドルの業界を変革することを目指しています。ブロックチェーンテクノロジの基礎となる堅牢なソフトウェア機能の組み合わせが、業界が直面する課題に対する最も効率的なソリューションであると認識しました。

ブロックチェーンの複数のリスティングサービス(MLS)によるスマートで効率的な不動産検索。

  • デューデリジェンスチェックを容易にするためのブロックチェーン上の人と物件のデジタルアイデンティティ
  • プロパティ/キャッシュフロー管理を簡素化し、トランザクションの依存関係を軽減するスマートコントラクト。
  • 業界のベンチマークとデータは、商品化の対象にはならない。
  • より良い意思決定のためのAI;
  • 不変のレビュー、評価など。

CBREのグローバル不動産市場の見通し2017によれば、「商業用不動産に関与する最もエキサイティングで興味深い時間」となっています。すべての重要なCRE部門は、ビジネス操作における技術主導の変化に適応するために、 "

不動産取引や土地/銘柄登録のためのブロックチェーンの導入は、特に北米、ヨーロッパ、ドバイ、日本などの政府からの支援が増えています。これらすべての肯定的な兆候は、商業用不動産の世界が、ビジネスをより速く、より良く、より手頃な価格で受け入れる準備ができていることを示しています。

チーム すべてを見る

Wladimir Baranoff-Rossine
Wladimir Baranoff-Rossine
Founder & CEO
Ángel Luis Quesada Nieto
Ángel Luis Quesada Nieto
CTO
Konstantin Boyko
Konstantin Boyko
Technical Director
Ira Chopovska
Ira Chopovska
Marketing Manager
Johnny Lee
Johnny Lee
Project Director
Montgomery Hayton
Montgomery Hayton
Product Designer

人気STO/ICO記事

  • 米長官、リブラや暗号資産に「深刻な懸念」 - 米政府の暗号資産に対する立場を分かりやすく整理

    トランプ大統領は11日、ツイッターを通じリブラや暗号資産に関して「信頼できない」と述べ、銀行と同様の厳しい規制を設けるべきだとトランプ氏の発言に加えて、ムニューシン米財務長官は15日、緊急記者会見を通じて、Facebookが計画している「リブラ」に関してマネーロンダリングやテロリストへの資金供与に悪用される可能性が強い「深刻な懸念を持っている」と話すと共に米国の暗号資産に対する立場を公式に表明した。<ins></ins>1. 米、政府は暗号資産が裏で運用されることを防止するために、米国の銀行に暗号資産関連規制を遵守することを要求する。2. 現在、デジタル資産に関する部署が設立され運営されてい
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・
  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部