AgentMileはAIによって強化された世界初の分散型商業用不動産賃貸プラットフォームです。 ブローカーおよび家主は、ブロックチェーンを使用したMLSで商業用不動産を記載し、リース機能、管理および報告機能を強化することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ESTATE
開始日時
2018-09-15
終了日時
2018-12-17
最低目標
1,000,000 USD
最高目標
20,000,000 USD
初回価格
1 ESTATE = 0.20 USD
トークン供給数
100,000,000
公式サイトへ Owner of AgentMile?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率71%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Week 1 of Sale - 43%
  • Week 2 of Sale - 38%
  • Week 3 of Sale - 33%
  • Week 4 of Sale - 28%
  • Week 5 of Sale - 23%
  • Week 6 of Sale - 18%
  • Week 7 of Sale - 13%
  • Week 8 of Sale - 8%
  • Week 9 of Sale - 3%

概要

商業用不動産(CRE)のイノベーションの次の波を打ち出します。    商業用不動産資産は世界最大規模の資産グループの1つですが、CRE業界はコアビジネスプロセスの革新が遅れています。今日、商業ブローカーは、異種性および陳腐化した技術、データ共有、効率の悪いキャッシュフロー管理、リアルタイムのパフォーマンスデータなどの課題に苦しんでいます。

AgentMileは、人工知能(AI)を搭載した最初の分散型CREリースプラットフォームを導入することにより、この3385兆ドルの業界を変革することを目指しています。ブロックチェーンテクノロジの基礎となる堅牢なソフトウェア機能の組み合わせが、業界が直面する課題に対する最も効率的なソリューションであると認識しました。

ブロックチェーンの複数のリスティングサービス(MLS)によるスマートで効率的な不動産検索。

  • デューデリジェンスチェックを容易にするためのブロックチェーン上の人と物件のデジタルアイデンティティ
  • プロパティ/キャッシュフロー管理を簡素化し、トランザクションの依存関係を軽減するスマートコントラクト。
  • 業界のベンチマークとデータは、商品化の対象にはならない。
  • より良い意思決定のためのAI;
  • 不変のレビュー、評価など。

CBREのグローバル不動産市場の見通し2017によれば、「商業用不動産に関与する最もエキサイティングで興味深い時間」となっています。すべての重要なCRE部門は、ビジネス操作における技術主導の変化に適応するために、 "

不動産取引や土地/銘柄登録のためのブロックチェーンの導入は、特に北米、ヨーロッパ、ドバイ、日本などの政府からの支援が増えています。これらすべての肯定的な兆候は、商業用不動産の世界が、ビジネスをより速く、より良く、より手頃な価格で受け入れる準備ができていることを示しています。

チーム すべてを見る

Wladimir Baranoff-Rossine
Wladimir Baranoff-Rossine
Founder & CEO
Ángel Luis Quesada Nieto
Ángel Luis Quesada Nieto
CTO
Konstantin Boyko
Konstantin Boyko
Technical Director
Ira Chopovska
Ira Chopovska
Marketing Manager
Johnny Lee
Johnny Lee
Project Director
Montgomery Hayton
Montgomery Hayton
Product Designer

人気STO/ICO記事

  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)
  • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

     ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。
  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ