SMARTRealty - 不動産取引の革命

SMARTRealtyは、賃貸契約、不動産売却などの一般的的な不動産取引にスマートコントラクト技術を適用することにより、不動産業界に革命を起こします。 SMARTRealtyは、すべての一般的的なタイプの不動産取引ならびにウェブ上の主要な不動産リスティングサービスと相互作用する不動産賃貸および不動産販売プラットフォームで使用するスマートコントラクトテンプレートおよび管理システムを構築しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
RLTY
開始日時
2018-02-15
終了日時
2018-05-15
初回価格
1 RLTY = 0.0008 ETH
トークン供給数
200,000,000
公式サイトへ Owner of SMARTRealty?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, ADA, ETC, BCH, ZEC
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

私たちの誰もそれを認めたくはありませんが、スマートコントラクトとブロックチェーン技術は、仮想通貨愛好家が望むような通常の日常的な取引に革新を起こする前に長い道のりがあります。

未来を想像し、概念化することは、現在の技術を既存の現実世界の用途や仮想通貨空間外の日々の人々のニーズに適用する革新的な方法を考え出すよりもずっと簡単です。

そのことを念頭に置いて、SMARTRealtyは現在の技術で可能な方法で、スマートコントラクトとブロックチェーン技術の実用化に焦点を当てたプラットフォームを開発しています。

私たちの目標は、不動産取引の透明性、効率性、安全性、理解可能性を高めることです。

チーム

Ernie Wong
Ernie Wong
Senior Management
Val Kleyman
Val Kleyman
Senior Management
Lindsay Burleson
Lindsay Burleson
Contract Law Consultant
Fares Akel
Fares Akel
Smart Contract Developer

人気STO/ICO記事

  • 人民元、11年ぶりに1ドル=7元台へ・・ビットコイン急騰に関係か

    ビットコインの相場は8月4日の午後23時30分頃より上昇し始め、8月5日午後12時頃、3週間ぶりの高値を更新した。ビットコインの急騰の理由と考えられるのは中国の通貨である、人民元が5日、1ドル=7元台に下落したことが大きな理由として考えられる。人民元の急落により、資産の退避先としてビットコインや金を買う投資家が急増し、相場に影響を与えていると見られてる。人民元急落の背景としては、トランプ米大統領が中国に対し新たな追加関税を来月から発動する方針を示したことから、中国政府が元安誘導を容認していると予測される。※米輸入品ほぼ全てに制裁関税を広げる「第4弾」を9月に発動する方針を表明している。<ins
  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他