2local - 人民の、人民による、人民のための2local

2localは、すべての人のための持続可能性と繁栄をサポートする忠誠心のポイントプログラムです。 独自のL2Lコインに駆動され、その上に分散型取引所(スワップ)を構築した新しい超高速ブロックチェーン。 この新しいブロックチェーンは、他のプロジェクトがトークンを構築するためのERC-721に完全に対応しています。 2local * 新しいブロックチェーン * 新L2Lコイン * 分散型取引所(スワップ) * スマートコントラクト ERC-721 * ロイヤリティプラットフォーム(キャッシュバック)

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
L2L
開始日時
2020-02-11
終了日時
2021-03-31
最低目標
350,000 USD
最高目標
19,400,000 USD
初回価格
1 L2L = 0.0017137 USD
トークン供給数
24,000,000,000
公式サイトへ Owner of 2local?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームSTELLA
タイプOTHERS
参加可能通貨USD, ETH, BTC, EUR
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • P2PB2B: 11 FEB 2020 - 31 AUG 2020 - 25%
  • LATOKEN: 16 MAR - 30 NOV 2020 - 20%
  • Exmarkets: 8 DEC 2020 - 31 JAN 2021 - 15%
  • ChainX: 15 FEB 2021 - 20 MAR 2021 - 15%

概要

2localは、すべての人のための持続可能性と繁栄をサポートするポイントプログラムです。その上に分散型取引所を構築した新しい超高速ブロックチェーン上の独自のL2Lコインによって推進されます。新しいブロックチェーンは、他のプロジェクトがトークンを構築するためのERC-721と完全に互換性があります。

送金手数料は0.5%で、これと為替レートの上昇による利益はキャッシュバックシステムに使用されます。 2025年の予測では、この0.5%の送金手数料で毎月約3000万ドルの収益が発生します。

2localはまた、ロイヤリティプラットフォームは、現在、企業が接続するために開いており、すでにアプリやウェブで市場に表示されるようになります。 また、代表者になって企業を繋ぎ始め、提携報酬を得ることもできます。

キャッシュバックシステムは、持続可能な地域密着型の働く企業を支援し、少額の振込手数料と為替レートの上昇による利益からキャッシュバックが発生します。あらかじめ決められたコインフローとスマートな取引アルゴリズムで、安定した為替レートの上昇を維持します。2localはユーザーから利益を得るのではなく、ユーザーと一緒に価値を創造します。

2localのプラットフォームは、以下のような特徴があります。 独自のブロックチェーン上の分散型取引所 スマートコントラクトERC-721に対応 交換オプションを備えた支払いアプリ デビットカード 分散型マルチカレンシーウォレット 接続された企業とのアプリ内マーケットプレイス 為替レート上昇の利益を分配するキャッシュバックシステム 事前に設定されたコインフローとスマートな取引アルゴリズムにより、安定した為替レートの上昇を実現

AndroidとiOSストアでMVP 2localアプリを見つけて、L2Lトークンの購入や送金、ETHウォレットの作成やインポートに使い始めましょう。 接続企業として申請するか、アプリまたは2localのウェブサイトですでに接続企業を検索してください。

チーム

Antony Chang
Antony Chang
CEO & Founder
Henk de Leeuw
Henk de Leeuw
CFO & Co-Founder
Harry Donkers
Harry Donkers
CSO & Co-Founder
Rutger-Jan in den Bosch
Rutger-Jan in den Bosch
CTO & Co-Founder
Christof Waton
Christof Waton
CCO
Stratos Kokkinakias
Stratos Kokkinakias
CLO

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常