YellowBetter - 世界を一つのアドレスにする

YellowBetter willは、あなたが実際の国の代表者と直接接触してユーザーに関心を持つ国の生活文化や言語に近づく機会を提供するソーシャルポータルです。 ポータルのアイデアは、外国語教育の分野でのトレーニングと教育サービスの長年の経験とそのようなサービスに対する需要の結果として作成されました。YellowBetterは学習のルールを課すものではなく、学習の新しい方法でオープン性を促し、励まします。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
YBT
開始日時
2018-06-17
終了日時
2018-08-31
最低目標
6,000,000 EUR
最高目標
35,500,000 EUR
初回価格
1 YBT = 0.01 EUR
トークン供給数
1,500,000,000
公式サイトへ Owner of YellowBetter?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, ETC, XRP, LSK, NEO
供給率75%
KYCKYC
参加不可地域USA, CHINA, SINGAPORE, CANADA
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Whole Pre-ICO - 30% more tokens

概要

Yellow Betterは、不安定で常に変化する現実の動向への対応です。ポータルのアイデアは、外国語教育の分野でのトレーニングと教育サービスの長年の経験とそのようなサービスに対する需要の結果として作成されました。多くの言語を学ぶことへの関心と必要性は非常に大きいので、供給は需要に追いついておらず、目標グループの主要なニーズを考慮していないようです。ポータルの基盤は、外国語を学ぶ最も効果的な方法は、旅行、文化、人々、そして習慣について学ぶことに直接つながる練習であるという信念です。知識は文脈に深く根付き、より早く吸収され、長い間記憶されています。経験を通して学びます。感情、実際の経験、所与の文化との直接の接触は、言語のコースブックミーティング中に休眠している脳内の学習領域を活性化する。言語はまだ生きているので、文化的背景や習慣を反映しており、外国人と実際に接触することなくそれをよく知ることは不可能です。

チーム すべてを見る

Damian Guzik
Damian Guzik
Co-founder
Marta Guzik
Marta Guzik
Co-founder
Paweł Juraszek
Paweł Juraszek
Co-founder
Łukasz Burzawa
Łukasz Burzawa
Founder
Kamil Kostrzewski
Kamil Kostrzewski
Lead Developer
Krzysztof Maczyński
Krzysztof Maczyński
Blockchain Developer

人気STO/ICO記事

  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ