BlooCYS - 身近の専門家

BlooCYSは、最終的には消費者が必要とするコンサルタントサービスのために適切な専門家を雇うのを助けるUberのようなプラットフォームです。 新しい言語を学ぶことや、化粧やヘアメイクの指導を受け、またはバグやIT関連の問題を修正など。 可能性は無限大。 すべてビデオ経由。 そしてリアルタイムで。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CYS
開始日時
2019-08-01
終了日時
2019-08-30
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
40,000,000 USD
トークン供給数
400,000,000
公式サイトへ Owner of BlooCYS?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

技術の進歩が速くなり、スマートフォンの普及が進み、インターネットの速度が上がり続けるにつれて、消費者は今すぐすべてを求めているようになっています。数秒で情報を見つけることができます。数回タップするだけでEメールを送信できます。何回かのスクロールとスワイプで商品を注文できます。ボタン一つを押すことでUberを予約できます。

同様に、消費者もコンサルタントサービスの専門家をすぐに雇うことができないのはなぜですか。結局のところ、Uberモデルは世界がタクシーを呼ぶ方法に革命をもたらしました。消費者は、タクシーが予約を受け入れるのを待っている間、タクシ​​ーサービスに電話したり、保留にしたりする必要はありません。彼らは今、単にスマホでアプリを開いて、数回タップするだけでおわりです!あなたのUberが到着。速く、効率的で、完全に個人的です。 Uberモデルに触発されて、BlooCYSは最終的に消費者が必要とするコンサルタントサービスのために適切な専門家を雇うのを助けるUberのようなプラットフォームです。新しい言語を学ぶことか。化粧やヘアメイクの指導か。またはバグやIT関連の問題の解決か。可能性は無限大。すべてビデオ経由。そしてリアルタイムで。これは、今日の要求の厳しい消費者が期待している利便性、タイムリーな配達および高水準のサービスを提供することはBlooCYSのユニークなところです。

実際、BlooCYSのコンサルティングサービスは、自宅、オフィス、カフェ、公園のどこにいても提供できます。同時に、BlooCYSはより柔軟な勤務形態や追加収入を求めているさまざまな分野の専門家を支援します。簡単に言えば、それは誰にとっても有利なプラットフォームです。

チーム すべてを見る

Harjanto Prabowo
Harjanto Prabowo
Strategic Advisor
Tor Halvorsen
Tor Halvorsen
Technology Advisor
Kevin Pang
Kevin Pang
Blockchain Advisor
Robert Jung Soo Ryu
Robert Jung Soo Ryu
Blockchain Business Advisor
Shawn Tham
Shawn Tham
ICO Advisor
Karen New
Karen New
Blockchain Advisor

人気STO/ICO記事

  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[