YellowBetter - 世界を一つのアドレスにする

YellowBetter willは、あなたが実際の国の代表者と直接接触してユーザーに関心を持つ国の生活文化や言語に近づく機会を提供するソーシャルポータルです。 ポータルのアイデアは、外国語教育の分野でのトレーニングと教育サービスの長年の経験とそのようなサービスに対する需要の結果として作成されました。YellowBetterは学習のルールを課すものではなく、学習の新しい方法でオープン性を促し、励まします。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
YBT
開始日時
2018-06-17
終了日時
2018-08-31
最低目標
6,000,000 EUR
最高目標
35,500,000 EUR
初回価格
1 YBT = 0.01 EUR
トークン供給数
1,500,000,000
公式サイトへ Owner of YellowBetter?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, ETC, XRP, LSK, NEO
供給率75%
KYCKYC
参加不可地域USA, CHINA, SINGAPORE, CANADA
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Whole Pre-ICO - 30% more tokens

概要

Yellow Betterは、不安定で常に変化する現実の動向への対応です。ポータルのアイデアは、外国語教育の分野でのトレーニングと教育サービスの長年の経験とそのようなサービスに対する需要の結果として作成されました。多くの言語を学ぶことへの関心と必要性は非常に大きいので、供給は需要に追いついておらず、目標グループの主要なニーズを考慮していないようです。ポータルの基盤は、外国語を学ぶ最も効果的な方法は、旅行、文化、人々、そして習慣について学ぶことに直接つながる練習であるという信念です。知識は文脈に深く根付き、より早く吸収され、長い間記憶されています。経験を通して学びます。感情、実際の経験、所与の文化との直接の接触は、言語のコースブックミーティング中に休眠している脳内の学習領域を活性化する。言語はまだ生きているので、文化的背景や習慣を反映しており、外国人と実際に接触することなくそれをよく知ることは不可能です。

チーム すべてを見る

Damian Guzik
Damian Guzik
Co-founder
Marta Guzik
Marta Guzik
Co-founder
Paweł Juraszek
Paweł Juraszek
Co-founder
Łukasz Burzawa
Łukasz Burzawa
Founder
Kamil Kostrzewski
Kamil Kostrzewski
Lead Developer
Krzysztof Maczyński
Krzysztof Maczyński
Blockchain Developer

人気STO/ICO記事

  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常