YellowBetter - 世界を一つのアドレスにする

YellowBetter willは、あなたが実際の国の代表者と直接接触してユーザーに関心を持つ国の生活文化や言語に近づく機会を提供するソーシャルポータルです。 ポータルのアイデアは、外国語教育の分野でのトレーニングと教育サービスの長年の経験とそのようなサービスに対する需要の結果として作成されました。YellowBetterは学習のルールを課すものではなく、学習の新しい方法でオープン性を促し、励まします。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
YBT
開始日時
2018-06-17
終了日時
2018-08-31
最低目標
6,000,000 EUR
最高目標
35,500,000 EUR
初回価格
1 YBT = 0.01 EUR
トークン供給数
1,500,000,000
公式サイトへ Owner of YellowBetter?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, ETC, XRP, LSK, NEO
供給率75%
KYCKYC
参加不可地域USA, CHINA, SINGAPORE, CANADA
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Whole Pre-ICO - 30% more tokens

概要

Yellow Betterは、不安定で常に変化する現実の動向への対応です。ポータルのアイデアは、外国語教育の分野でのトレーニングと教育サービスの長年の経験とそのようなサービスに対する需要の結果として作成されました。多くの言語を学ぶことへの関心と必要性は非常に大きいので、供給は需要に追いついておらず、目標グループの主要なニーズを考慮していないようです。ポータルの基盤は、外国語を学ぶ最も効果的な方法は、旅行、文化、人々、そして習慣について学ぶことに直接つながる練習であるという信念です。知識は文脈に深く根付き、より早く吸収され、長い間記憶されています。経験を通して学びます。感情、実際の経験、所与の文化との直接の接触は、言語のコースブックミーティング中に休眠している脳内の学習領域を活性化する。言語はまだ生きているので、文化的背景や習慣を反映しており、外国人と実際に接触することなくそれをよく知ることは不可能です。

チーム すべてを見る

Damian Guzik
Damian Guzik
Co-founder
Marta Guzik
Marta Guzik
Co-founder
Paweł Juraszek
Paweł Juraszek
Co-founder
Łukasz Burzawa
Łukasz Burzawa
Founder
Kamil Kostrzewski
Kamil Kostrzewski
Lead Developer
Krzysztof Maczyński
Krzysztof Maczyński
Blockchain Developer

人気STO/ICO記事

  • 【7/10】世界ニュースまとめ2 - 税務当局、納税者の仮想通貨関連モニタリングを強化する方針、イギリスの大手銀行がLibraのコンソーシアムに参加検討

    9日(現地時間)Cointelegraphの報道によると、米税務当局(IRS)はアップル、マイクロソフト、グーグルなどの大手IT企業を通じ、納税者の仮想通関連アプリのダウンロード履歴を把握するとともに脱税防止のためFacebook,TwitterなどのSNSプラットフォームの投稿に対する調査を強化する予定だ。公認会計士で「Crypto Tax Girl」として知られている暗号資産税金専門家Laura Walter氏はツイッターを通じ、米税務当局のプレゼンテーション資料を公開し、該当資料が米税務当局の犯罪調査局の職人たちを対象にした発表で使用されたと主張した。入手された資料によると、米税務当局は
  • ステーキングサービス「Sanka Network」 by HashHub

     HashHubが運営するPoSの保有報酬を受け取る手続きをするためのプラットフォームです。Sanka Netowrkはユーザーの資産を預かることはせず、ユーザーは自身のウォレットで資産を管理しながら報酬を得られます。今後、コイン相場アプリ内にも各通貨のウォレットを実装、Sanka Networkへ簡単に使える、モバイルクライアントとなる予定です。cosmosvaloper1uyt0yuv7cz7ppwefl9ths336ln7ysvg2jlj76t tz1PYF2Fcqk7YjZGquNy8bFznhCLhyi9PpVzsanka
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・