xCrypt - 将来の証明

xCryptは、取引所に重点を置いた最初の革新的な暗号エコシステムです。ハイブリッド、有価証券に準拠し、erc721の将来に注意を払い、シンプルで快適、そして革新的になるように設計されています。私たちは、近い将来、暗号通貨の分野、そして取引の分野、そしてこの世界がどのように構想されているかについて、多くの変化が起こると信じています。 xCryptは、コンセプトを慎重に開発した後、開催国で許可されているため、セキュリティトークンの上場、erc721の適切で戦略的な市場の確保、 およびICO革新的なダイナミクスの実行を優先することを決定した理由です。これらの決定はxCryptがソーシャルメディアプラットフォームを通じて他のメンバーにそれを関連付け、ランク付けシステムを通じてエアドロップを通じてその所有者に毎月の報酬を支払うことで、ゼロ手数料交換でそのコミュニティに報酬を与えることができるように行われた。 XCTトークンはxCryptエコシステムのサービスから利益を得ることを可能にするものであり、それは重要なエアドロップを通して革新的な方法に従ってその取引所のユーザーと保有者に報酬を与えます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
XCT
開始日時
2019-01-01
終了日時
2019-05-31
最低目標
3,500,000 USD
最高目標
7,000,000 USD
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of xCrypt?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率65%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    新しい発見は常に人類を怖がらせてきました。飛ぶことへの恐怖、未来を見ることへの恐怖、技術への恐怖。最近の統計によると、ブロックチェーン技術の使用は世界の人口の中で非常に少数の人々にしか関係がないことを示しており、それに対する一般的な不信感があります。この傾向とは反対に、xCryptはその独特の特性に基づいてプロジェクトを作成しました。

    Xenomania、ギリシャからの外国人実体への極端な情熱、新しいもの、そしてそれはまだ大部分の人々に届いていません。 xCryptは、交換に重点を置いた最初の革新的な暗号エコシステムです。ハイブリッド、有価証券に準拠し、erc721の将来に注意を払い、シンプルで快適、そして革新的になるように設計されています。私たちは、近い将来、暗号通貨の分野、そして取引の分野、そしてこの世界がどのように構想されているかについて、多くの変化が起こると信じています。 xCryptは、コンセプトを慎重に開発した後、開催国で許可されているため、セキュリティトークンの上場、erc721の適切で戦略的な市場の確保、 およびICO革新的なダイナミクスの実行を優先することを決定した理由です。これらの決定はxCryptがソーシャルメディアプラットフォームを通じて他のメンバーにそれを関連付け、ランク付けシステムを通じてエアドロップを通じてその所有者に毎月の報酬を支払うことで、ゼロ手数料交換でそのコミュニティに報酬を与えることができるように行われた。

    ブロックチェーン技術は投資の世界を永遠に、そしてより良い方向に変えました。ICOは、企業やプロジェクトに資金を提供するための安全で成功した手段であることが証明されています。 xCryptプラットフォームへのメンバーシップを購入することによって、メンバーは独占的なサービスから利益を得ます。購入したXCT(XCTのERC-20アクセストークン)の量に応じて、メンバーシップは複数の層に分けられます。

    チーム すべてを見る

    Loren Minel Andronie
    Loren Minel Andronie
    Founder of xCrypt & CEO
    Ionut Gabriel Parfene
    Ionut Gabriel Parfene
    Co-Founder & CTO
    Mauro Andriotto
    Mauro Andriotto
    CO-Founder & CFO
    Alecos Colombo
    Alecos Colombo
    Project Manager
    Cristian Barbu
    Cristian Barbu
    COO & Senior Developer
    Andrei Stefan
    Andrei Stefan
    Research and Development Officer

    人気STO/ICO記事

    • QtumがCoinCheckで取引可能に

      国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
    • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

      の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
    • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

      トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ