X8 Project - 暗号投資家のための究極の安全な避難所

X8プロジェクトは2つのイーサトークンを開発しました。X8Currency(X8C)は8つの現金+金とX8Xユーティリティトークンで完全にサポートされており、公正価値で0%の手数料でX8Cの発行と交換プロセスのキーとして使用されます。X8Currencyの裏付けに使用される現金と金資産は、テストされ、承認されたAI適正ソフトウェアによって積極的に管理されます。 X8Xユーティリティトークンはホワイトリストの事前販売で提供され、早期投稿者がスイスに本拠を置く法人であるX8 Capital AGの発行体で追加の費用なしで独自のX8Currencyを取得できるようになります。 X8Currencyは、1つの金額の通貨ではサポートされませんが、8つの通貨バスケットと金の組み合わせが使用されます。 それは安定しており、発行者で直接交換することができ、分散化取引に決済ポイントの適切なソリューションを提供します。 X8Xは純ユーティリティトークンで、X8Currency取引サービスにアクセスするためのキーです。 デュアルトークンモデルは、X8Currencyの価値保存機能とX8Xのユーティリティ機能を分離します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
X8X
開始日時
2017-12-19
終了日時
2018-01-19
最高目標
3,400,000 EUR
トークン供給数
34,000,000
公式サイトへ Owner of X8 Project?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率34%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

X8Xはイーサリアムの純粋なユーティリティトークンで、X8Currencyを発行するためのキーとして機能します。 X8Currencyを0%の料金で伝統通貨($ /€)に交換するには、対応する金額のX8Xを保持する必要があります。

ユーティリティトークン

トークンは、IssuerでX8Currencyを発行または交換するサービスにアクセスするためのキーとして使用されます。

限定キャップ

TGEには34,000,000トークンしか発行されず、後のマイニングはサポートされません。

機会

X8X所有者は、独自のX8Currencyを取得したり、この権利をOnline Exchanges上の他の人に配布することができます。

法令遵守

X8Xトークンは、スイスの規制当局によって承認されたスイスに拠点を置く企業によって発行されます。

X8プロジェクト - デュアルトークンモデル

X8プロジェクトは、2つのイーサリアムベースのトークンを開発しました。X8Currencyは8つの伝統通貨(現金)と金で完全に裏付けされています。X8Xユーティリティートークンは、X8Cの発行および交換プロセスのキーとして、0%手数料で機能します。

X8Currency(X8C)とは何ですか?

X8Currencyはイーサリアムトークンであり、8つ伝統通貨(現金)&金で100%裏付けされています。各トークンは、銀行口座に入金された資産で表されます。資産は、適切なソフトウェアであるAutomatic Reserve Management AIによって積極的に管理されます。 X8Cは、X8Xユーティリティトークンでのみ発行または交換することができます。

X8Currencyの特徴:

  • キャッシュ&ゴールドで100%サポート
  • 資産は、実証済みでテスト済みのAIリスク管理プラットフォームARMによって積極的に管理されています
  • 最も安定している仮想通貨
  • X8Xトークンで0%の手数料でIssuerで8つ伝統通貨(現金)と100%交換可能

チーム すべてを見る

Gregor Koželj
Gregor Koželj
CEO / Founder
Aly Kulauzović
Aly Kulauzović
Business development
Tomaž Lepoša
Tomaž Lepoša
CSO
Rudolf P. Ströbl
Rudolf P. Ströbl
Infrastructure
Alen Oberstar
Alen Oberstar
Communications
David Preželj
David Preželj
Communications

人気STO/ICO記事

  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[