X8 Project - 暗号投資家のための究極の安全な避難所

X8プロジェクトは2つのイーサトークンを開発しました。X8Currency(X8C)は8つの現金+金とX8Xユーティリティトークンで完全にサポートされており、公正価値で0%の手数料でX8Cの発行と交換プロセスのキーとして使用されます。X8Currencyの裏付けに使用される現金と金資産は、テストされ、承認されたAI適正ソフトウェアによって積極的に管理されます。 X8Xユーティリティトークンはホワイトリストの事前販売で提供され、早期投稿者がスイスに本拠を置く法人であるX8 Capital AGの発行体で追加の費用なしで独自のX8Currencyを取得できるようになります。 X8Currencyは、1つの金額の通貨ではサポートされませんが、8つの通貨バスケットと金の組み合わせが使用されます。 それは安定しており、発行者で直接交換することができ、分散化取引に決済ポイントの適切なソリューションを提供します。 X8Xは純ユーティリティトークンで、X8Currency取引サービスにアクセスするためのキーです。 デュアルトークンモデルは、X8Currencyの価値保存機能とX8Xのユーティリティ機能を分離します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
X8X
開始日時
2017-12-19
終了日時
2018-01-19
最高目標
3,400,000 EUR
トークン供給数
34,000,000
公式サイトへ Owner of X8 Project?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率34%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

X8Xはイーサリアムの純粋なユーティリティトークンで、X8Currencyを発行するためのキーとして機能します。 X8Currencyを0%の料金で伝統通貨($ /€)に交換するには、対応する金額のX8Xを保持する必要があります。

ユーティリティトークン

トークンは、IssuerでX8Currencyを発行または交換するサービスにアクセスするためのキーとして使用されます。

限定キャップ

TGEには34,000,000トークンしか発行されず、後のマイニングはサポートされません。

機会

X8X所有者は、独自のX8Currencyを取得したり、この権利をOnline Exchanges上の他の人に配布することができます。

法令遵守

X8Xトークンは、スイスの規制当局によって承認されたスイスに拠点を置く企業によって発行されます。

X8プロジェクト - デュアルトークンモデル

X8プロジェクトは、2つのイーサリアムベースのトークンを開発しました。X8Currencyは8つの伝統通貨(現金)と金で完全に裏付けされています。X8Xユーティリティートークンは、X8Cの発行および交換プロセスのキーとして、0%手数料で機能します。

X8Currency(X8C)とは何ですか?

X8Currencyはイーサリアムトークンであり、8つ伝統通貨(現金)&金で100%裏付けされています。各トークンは、銀行口座に入金された資産で表されます。資産は、適切なソフトウェアであるAutomatic Reserve Management AIによって積極的に管理されます。 X8Cは、X8Xユーティリティトークンでのみ発行または交換することができます。

X8Currencyの特徴:

  • キャッシュ&ゴールドで100%サポート
  • 資産は、実証済みでテスト済みのAIリスク管理プラットフォームARMによって積極的に管理されています
  • 最も安定している仮想通貨
  • X8Xトークンで0%の手数料でIssuerで8つ伝統通貨(現金)と100%交換可能

チーム すべてを見る

Gregor Koželj
Gregor Koželj
CEO / Founder
Aly Kulauzović
Aly Kulauzović
Business development
Tomaž Lepoša
Tomaž Lepoša
CSO
Rudolf P. Ströbl
Rudolf P. Ströbl
Infrastructure
Alen Oberstar
Alen Oberstar
Communications
David Preželj
David Preželj
Communications

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。