X8 Project - 暗号投資家のための究極の安全な避難所

X8プロジェクトは2つのイーサトークンを開発しました。X8Currency(X8C)は8つの現金+金とX8Xユーティリティトークンで完全にサポートされており、公正価値で0%の手数料でX8Cの発行と交換プロセスのキーとして使用されます。X8Currencyの裏付けに使用される現金と金資産は、テストされ、承認されたAI適正ソフトウェアによって積極的に管理されます。 X8Xユーティリティトークンはホワイトリストの事前販売で提供され、早期投稿者がスイスに本拠を置く法人であるX8 Capital AGの発行体で追加の費用なしで独自のX8Currencyを取得できるようになります。 X8Currencyは、1つの金額の通貨ではサポートされませんが、8つの通貨バスケットと金の組み合わせが使用されます。 それは安定しており、発行者で直接交換することができ、分散化取引に決済ポイントの適切なソリューションを提供します。 X8Xは純ユーティリティトークンで、X8Currency取引サービスにアクセスするためのキーです。 デュアルトークンモデルは、X8Currencyの価値保存機能とX8Xのユーティリティ機能を分離します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
X8X
開始日時
2017-12-19
終了日時
2018-01-19
最高目標
3,400,000 EUR
トークン供給数
34,000,000
公式サイトへ Owner of X8 Project?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率34%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

X8Xはイーサリアムの純粋なユーティリティトークンで、X8Currencyを発行するためのキーとして機能します。 X8Currencyを0%の料金で伝統通貨($ /€)に交換するには、対応する金額のX8Xを保持する必要があります。

ユーティリティトークン

トークンは、IssuerでX8Currencyを発行または交換するサービスにアクセスするためのキーとして使用されます。

限定キャップ

TGEには34,000,000トークンしか発行されず、後のマイニングはサポートされません。

機会

X8X所有者は、独自のX8Currencyを取得したり、この権利をOnline Exchanges上の他の人に配布することができます。

法令遵守

X8Xトークンは、スイスの規制当局によって承認されたスイスに拠点を置く企業によって発行されます。

X8プロジェクト - デュアルトークンモデル

X8プロジェクトは、2つのイーサリアムベースのトークンを開発しました。X8Currencyは8つの伝統通貨(現金)と金で完全に裏付けされています。X8Xユーティリティートークンは、X8Cの発行および交換プロセスのキーとして、0%手数料で機能します。

X8Currency(X8C)とは何ですか?

X8Currencyはイーサリアムトークンであり、8つ伝統通貨(現金)&金で100%裏付けされています。各トークンは、銀行口座に入金された資産で表されます。資産は、適切なソフトウェアであるAutomatic Reserve Management AIによって積極的に管理されます。 X8Cは、X8Xユーティリティトークンでのみ発行または交換することができます。

X8Currencyの特徴:

  • キャッシュ&ゴールドで100%サポート
  • 資産は、実証済みでテスト済みのAIリスク管理プラットフォームARMによって積極的に管理されています
  • 最も安定している仮想通貨
  • X8Xトークンで0%の手数料でIssuerで8つ伝統通貨(現金)と100%交換可能

チーム すべてを見る

Gregor Koželj
Gregor Koželj
CEO / Founder
Aly Kulauzović
Aly Kulauzović
Business development
Tomaž Lepoša
Tomaž Lepoša
CSO
Rudolf P. Ströbl
Rudolf P. Ströbl
Infrastructure
Alen Oberstar
Alen Oberstar
Communications
David Preželj
David Preželj
Communications

人気STO/ICO記事

  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・
  • 【7/10】世界ニュースまとめ2 - 税務当局、納税者の仮想通貨関連モニタリングを強化する方針、イギリスの大手銀行がLibraのコンソーシアムに参加検討

    9日(現地時間)Cointelegraphの報道によると、米税務当局(IRS)はアップル、マイクロソフト、グーグルなどの大手IT企業を通じ、納税者の仮想通関連アプリのダウンロード履歴を把握するとともに脱税防止のためFacebook,TwitterなどのSNSプラットフォームの投稿に対する調査を強化する予定だ。公認会計士で「Crypto Tax Girl」として知られている暗号資産税金専門家Laura Walter氏はツイッターを通じ、米税務当局のプレゼンテーション資料を公開し、該当資料が米税務当局の犯罪調査局の職人たちを対象にした発表で使用されたと主張した。入手された資料によると、米税務当局は
  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表