Walleteum - 将来のための新しい経済ビジネスウォレット

Walleteumは、さまざまな資産を追跡および監視しながら、ユーザーがコインとすばやく簡単に対話できるようにするウォレット管理システムです。 Walleteumウォレットを使うと、サポートされている暗号通貨の残高を表示、送信、受信できます。 Wallet Managerは完全に分散化されているため、消費者は常に自分の秘密鍵を完全に管理でき、Walleteumはユーザの直接承認なしには資金にアクセスできません。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
EUM
開始日時
2019-07-13
終了日時
2019-10-13
初回価格
0.0005 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Walleteum?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率6.45%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ビジョン

私たちのビジョンは、暗号通貨市場を普通のユーザーにとってアクセシブルで信頼できるものにし、ブロックチェーン技術の採用を加速し、デジタル資産と伝統的資産の両方の所有権を民主化する、人々主導の新経済サービス会社を創設することです。

ミッション

フィンテックの未来を支える 今日。 Walleteumは、ブロックチェーンの可能性は無限でありながら、現在の市場では実現していないと考えています。 集中型システムは本質的に安全ではなく、高コストに悩まされている一方、市場で入手可能な現在の技術に基づく分散型システムは実用的な解決策には遅すぎます。 これを念頭に置いて、Walleteumのチームは、ソリューションが「ベスト・オブ・ウォレット」アプローチを使用して作成されることを認識しました。 暗号通貨ウォレットを開発することによって。

チーム

Ben Jalilian
Ben Jalilian
CEO, Co-Founder
Faeze Bagheri
Faeze Bagheri
CCO
Ali Farjandi
Ali Farjandi
CFO

人気STO/ICO記事

  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし
  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ