VALID - あなたのデータはあなたの資産

VALIDは個人データ管理を次のレベルに引き上げています。 中核となるのは、ユーザーが制御する分散化デジタルアイデンティティソリューションで、敏感な個人データを保護しながら、人々は安全かつスムーズにオンラインで取引できます。 さらに、VALIDはユーザーを製品やサービス会社、ブランド、研究者、広告主などのデータ消費者と直接接続することができます。 VALIDウォレットを使用すると、ユーザーはVALIDマーケットで完全に安全かつ制御できる方法で、自分の個人データを直接かつ簡単に収益化することができます。 代わりに、データコンシューマは、信頼性の高い匿名化したデータに直接アクセスすることができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VLD
開始日時
2018-02-24
終了日時
2018-03-17
調達金額
$7,000,000
最低目標
2,000,000 USD
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
1 VLD = 0.065 USD
トークン供給数
1,000,000,000
公式サイトへ Owner of VALID?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, USD
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

有効なエコシステム

VALIDプラットフォームは、ユーザーが個人データを管理するモバイルウォレット(VALIDウォレット)と、データ消費者がそのデータを購入してアクセスするためのWebアプリケーション(VALIDマーケットプレイス)で構成されます。 ステークホルダーを構成するユーザーとデータコンシューマーは、データの追加、サードパーティからのデータの要求、データの検証、プライバシー設定の管理、サービスの購入、そして完全なユーザー制御の方法でのデータの共有と収益化が可能になります。

認証

シームレスなオンライン体験のための自己主権のデジタルアイデンティティ

セーフガード

最先端の暗号化を使用して機密データを保護するデジタルボールト

収益化

VALIDの個人データ市場へのゲートウェイ

チーム すべてを見る

Daniel Gasteiger
Daniel Gasteiger
Co-Founder & CEO
Krzysztof Adam Górski
Krzysztof Adam Górski
Legal Analyst
Patrick Graber
Patrick Graber
Head of Business Development
Adithya Pradeep Kumar
Adithya Pradeep Kumar
Business Analyst
Yves-Alain Petitjean
Yves-Alain Petitjean
Co-Founder & CFO
Giorgio Zinetti
Giorgio Zinetti
CTO

人気STO/ICO記事

  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )