VogoV - 分散型ファン制御ポルノスタジオ

VogoVは、ロサンゼルスに本拠を置く、すでに機能している大人のエンターテイメントスタジオで、4kと60fpsの高品質コンテンツとVRビデオを制作し配信しています。 私たちのスタジオでは、アダルトビデオ制作の意思決定プロセスが分散化されています。 これは、すべてのトークン所有者が、作成中のコンテンツに投票できることを意味します。 シナリオ、出演する俳優および女優、およびその他の制作面は、投票で決められます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
OGO
開始日時
2018-08-21
終了日時
2019-03-14
最低目標
5,000 ETH
最高目標
50,000 ETH
初回価格
1 ETH = 500 OGO
トークン供給数
56,955,000
公式サイトへ Owner of VogoV?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC223
参加可能通貨ETH
供給率76%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ブロックチェイン技術と暗号通貨が᯿要で世界的な技術進歩を成し遂げ、それはまたアダルト・エンターテインメント業界に影響を与えました。VogoVはこの技術的転移とオープンマーケットにおける限定的な競合の利点を取り、アダルト・エンターテインメント業界と暗号通貨とを結びつける実際的なトークンの共同利⽤システムを創造しました。

当社はアダルト・エンターテインメント業界が暗号通貨を利⽤しそれと触れ合う⽅法を変えようとしていて、それを受け⼊れそしてビジネスに使⽤することから始め、トークンがもたらす可能性のある⾮技術的な価値に到達しようとしています。現在の所、多くのアダルトビジネスは暗号通貨を単に代替の⽀払い⽅法としてのみ利⽤しています。当社は暗号通貨がそれ以上に活⽤できると信じています。

IKAM MEDIA Inc.のプロジェクトであるVogoVはどれほどにアダルト・エンターテインメント業界が進んでブロックチェイン環境を受け⼊れそれで働こうとするのかを調べるために⼤きな実験に乘り出すことを計画しています。当社はブロックチェインの分散化の考え⽅をカリフォルニア州ロサンジェルスに位置する分散化インタラクティブ・アダルト映画スタジオの形のビジネスモデルに適⽤しようとしています。さらに、当社はOgoShiftと呼ぶ新しい⽀払いインフラを開発することによって暗号通貨の世界とアダルト社会に貢献するでしょう。それは特にアダルト・エンターテインメント・ビジネスとその顧客のニーズ向けに誂えられています。

OGOコインと名付けられた暗号通貨は匿名のコインで個⼈はアダルト・エンターテインメント業界から商品とサービスを購⼊するのに使⽤することができます。しかし単に⽀払い⽅法である以上の有⽤性を提供します。当社のOGOコインの⽬標はトークンの保持者が積極的にアダルト・エンターテインメント業界に関与するようになる⽅法となることです。OGOコイン、すなわちVogoVのトークン、を購⼊した個⼈はVogoVの⾼品質アダルト映画ビデオ・ライブラリーと、TeenMegaWorld とTmwVRnet のようなパートナーのビデオライブラリーとに会員アクセス権を購⼊する際に割引を受けることで⾦銭的な利益を得ます。会員権の⽀払いにOGOコインを⽤いることで、トークンの保持者は流通貨幣を⽤いる場合の3分の1だけ⽀払うことになります。すなわちある会員権が流通通貨で 21 ⽶ドルだとすると、当社の暗号通貨では7 ⽶ドルだけになるということです。

チーム すべてを見る

Aleksei Maetnyi (Markus Dupree)
Aleksei Maetnyi (Markus Dupree)
Co-Founder, Director & Male Performer
Jonni Darkko
Jonni Darkko
Operator
Ivan Kirillov
Ivan Kirillov
Co-Founder & Managing Director
Vlad Makushev
Vlad Makushev
CTO
Ilya Trofimov
Ilya Trofimov
Post Production Engineer & Motion Designer
Nathan DeLong
Nathan DeLong
Creative Director

人気STO/ICO記事

  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )