VeryFile - 機密ファイル管理のためのネットワーク

VeryFileはブロックチェーンネットワークであり、「ビジネスと個人に仮想インフラを提供するために不可能なブロックチェーンの力を活用する」というビジョンを持ってファイル管理のサービスを作成することを目指しています。 基本的に、すべての内部文書は暗号化され、分散型ブロックチェーンネットワーク内に格納され、データの漏洩によるすべてのリスクと仲介者の不在による過度のコストが排除されます。 ピアツーピアファイル管理を利用してスマートコントラクトを利用することで、業務手順全体を自動化し、内部管理の効率を高めながら、プライバシーを社外の人物に渡すことなく文書の発信元や転送を追跡するできるネットワーク。 VeryFileによって提供されるサービスには、すべての活動がネットワーク内で記録および監視される、より安全な方法であらゆるビジネス・タスクを加速するのに役立つ、内部のエコシステム管理が付属しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
VER
最低目標
2,500,000 USD
最高目標
24,000,000 USD
初回価格
1 VER = 0.2 USD
トークン供給数
177,000,000
公式サイトへ Owner of VeryFile?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Veryfileは、重要な文書やデータを管理するためのブロックチェーンベースのシステムです。分散クラウドストレージを介してファイルを保存し、簡単なユーザーインターフェイスを使用してファイルを管理することができます。直感的な使用と、分散、暗号化された元帳を使用して顧客文書の転送、所有権、検証および署名を追跡する機能を保証します。

さらに、スマートコントラクトネットワークは、作成プロセス、問題のファイルの転送、および企業の手続きや日常業務の自動化の可能性を保証します。メッセージングサービス、電子メール、通話、ビデオ通話などのセカンダリ機能を使用すると、機密情報をVeryFileエコシステム外に移送する必要なく、暗号化された安全な方法でプラットフォーム内のすべてのタスクを日常的に実行し管理できます。

メインシステムはプライベートブロックチェーン上で開発され、ブロックチェーン内の小さなエコシステムはさまざまなクライアント企業の独立したデータ管理を保証します。

チーム すべてを見る

Davide De Carlo
Davide De Carlo
CEO
Walter Rizzo
Walter Rizzo
CFO
Luca Mazzanti
Luca Mazzanti
Business Development Director
Atichai Sirithanapisarn
Atichai Sirithanapisarn
PR Associate Asia
Andrei Nikitin
Andrei Nikitin
UX/UI Designer
Alessandro Valerin
Alessandro Valerin
PR Associate South America

人気STO/ICO記事

  • ファンディーノ(FUNDINNO)について

    日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングのプラットフォーム。日本で初めて、第一種少額電子募集取扱業者として金融庁に登録承認された。「取引量日本No.1」という表記があるが、実際に、(2020年1月時点)という実績があり、が公表している統計数値と照合すると、市場シェアの90%前後を占め、名実共に実績No.1、ほぼ市場を独占しているサービスになる。「クラウドファンディング」という名称になっているが、実際には株式投資であり、CampfireやMakuake、Kickstarterといったいわゆるクラファンとは法的も全く別物である。一般的に非上場株・未公開株と言われる店頭有価
  • 政府の規制に打ち勝つには?分散型国家を造ろう!

    ブロックチェーン技術は、世界中で多くの人々によって政府認可の中央集権に対する著しい打撃と見られています。ですが、私たちの現在の生活の変える無限の潜在力を持つ故に、政府はそれを脅威と認識しています。各国政府は、仮想通貨を従来の貨幣制度への挑戦と見ているのです。仲介業者を排除することができる仮想通貨は、政府の権力を揺るがしかねない存在となりえます。代表的な例が、インドです。インドの中央銀行であるインド準備銀行は、仮想通貨につながる全ての口座へのするよう全銀行に指示しました。これにより、多数のプロジェクトおよび仮想通貨交換所が閉鎖に至りました。中国は資金調達手段としてのし、また仮想通貨の厳しい規
  • 名古屋グランパス×スタートアップピッチでシンクロライフが優勝

    暗号通貨を使ったレストランレビューSNS・シンクロライフが、2019年12月に開催された中部ニュービジネス協議会と名古屋商工会議所が主催する「2019 名古屋グランパス×スタートアップピッチ」にて優勝した。コンテストでは、全国から9社が参加した中で、GINKANは自社が持つ「食べて暗号通貨が貯まるグルメSNSシンクロライフ」を活用したアイディアを発表。内容は、チームを応援するグランパスサポーター飲食加盟店を愛知県のスタジアム中心で形成し、シンクロライフの通常の暗号通貨還元に加え、勝利や優勝と連動して還元率や特典が大きくなる仕組み作るというもの。さらに、貯まった暗号通貨(シンクロコイン)でグ