VectorZilla - ディープラーニング主導のグラフィックス保存プラットフォーム

VectorZilla.IOはイーサリアムネットワークの上に構築された、世界で初めてのブロックチェーンベースの深層学習(AI)主導のロイヤリティフリーのグラフィックスプラットフォームおよびマーケットプレイスです。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VZT
開始日時
2018-01-15
終了日時
2018-02-05
最高目標
69,000 ETH
トークン供給数
75,000,000
公式サイトへ Owner of VectorZilla?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率75%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

VectorZilla(VZ)は、世界初のブロックチェーンベースのDeep Learning(AI)駆動のロイヤリティフリーストックグラフィックスプラットフォーム&マーケットプレイスです。 VZは2500万ドル以上の価値のある即時在庫のグラフィックスファイルを1億個で発売することを目指しています。 VZはトークンクラウドデールのための最初のコインの提供によってリリースされた各トークンの価値を引き上げることが保証されています。

VectorZillaプラットフォームには次のものが含まれます:

  • マイクロスティックグラフィックスのディープラーニング(AI)による販売
  • オンライングラフィックデザインとパブリッシングツールのスイート
  • パートナー向けAPI
  • ホワイトラベルのソリューション
  • 何百万人ものユーザー(デザイナー、出版社、マーケティング担当者など)がVZコンテンツを使用できるようにする人気の高いソフトウェア(Adobe Illustrator、Sketch、WordPress、Shopify、Magentoなど)のアプリ、プラグインおよび拡張機能
  • コントリビュータが最高の料金でVZのグラフィックを透明性の高いレベルで販売するための市場
  • すべての重要なデータ、情報、およびファイルのブロックチェーンベースのストレージ

背景:VectorZillaの背後にあるチームは、ui / ux、創造的なグラフィックデザイン、ソフトウェア製品とサービス開発、ITコンサルティング、ビジネス管理、起業家精神で何十年もの経験を持つ40人以上の人々で構成されています。彼らのほとんどはAllies Interactive Services Private Limited(インドに拠点を置く)で協力してきました。創業者は、Micro-Stock Graphics業界で10年の経験を持つInformation Technologyで18年以上の経験を持ち、そのうちのいくつかは初期の段階からブロックチェーン(および仮想通貨)で作業していました。 VectorZillaは、100万を超えるベクトルグラフィック要素(オブジェクト/アイコン/クリップアート)のライブラリと、さまざまな種類の数十万を超えるライブラリを所有しています。

チーム すべてを見る

Abdul Qaiyoom
Abdul Qaiyoom
Co-Founder & CEO
Abdul Qabiz
Abdul Qabiz
Co-Founder & CTO
Max Garza
Max Garza
COO & Partner
Joseph Gallo
Joseph Gallo
CFO
A Qavi
A Qavi
CIO & Chief Strategy Officer
Shivani Pandey
Shivani Pandey
Product Manager

人気ICO記事

  • 【API連携】CoinEx/コインイーエックスのAPI連携

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。APIを取得したときのIPアドレスとアプリを使用する場所が違うとIPアドレスが変わり、ログインできなくなります。ログイン
  • コイン相場club主催【全国詐欺被害額選手権】エントリー募集!

    2017年はビットコインブーム!「億り人」なんて言葉も生まれたくらいに稼いだ人もいて仮想通貨を持ってさえいれば、みんなホクホク。そして2018年はICOブーム!上場前のトークンを安く買って、上場後に高く売ってその利益で、みんなホクホク。・・・とまあ、これだけ聞けば仮想通貨やICOに関わる人はみんなホクホクしたように聞こえますが実際には、騙されて損しちゃった人もたくさんいます。 ⇒根拠のないガセネタで、結局○○コインは翌週暴落し、それ以来、ずっと含み損を抱えている。 ⇒ICO自体がそもそも存在しない。上場ももちろんデマ。話のすべては仕組まれた詐欺だった。気付いたころにはもうトークン購入費は支
  • 彼らの存在に気づくんだ。VC編

    皆様、生きていますか?生きてください。冬を耐えた先に春があります。さて、今回は仮想通貨界隈で活躍するVC(Venture Capital)の紹介です。スタートアップ(創業して間もない企業)に投資して、将来的に大きなリターンを得ようとする投資会社です。仮想通貨界隈に絞って言うと、仮想通貨系、ブロックチェーン系のスタートアップに投資する会社だと思ってください。話題にならないけど、Binanceなどにいきなり上場して、大きく値を上げたりするトークンがあったりしますよね?「話題にならない=ICOのマーケティングをしていない=ICOのマーケティングをする必要がない」とも考えることができますよね。有望な