VectorZilla - ディープラーニング主導のグラフィックス保存プラットフォーム

VectorZilla.IOはイーサリアムネットワークの上に構築された、世界で初めてのブロックチェーンベースの深層学習(AI)主導のロイヤリティフリーのグラフィックスプラットフォームおよびマーケットプレイスです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VZT
開始日時
2018-01-15
終了日時
2018-02-05
最高目標
69,000 ETH
トークン供給数
75,000,000
公式サイトへ Owner of VectorZilla?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率75%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

VectorZilla(VZ)は、世界初のブロックチェーンベースのDeep Learning(AI)駆動のロイヤリティフリーストックグラフィックスプラットフォーム&マーケットプレイスです。 VZは2500万ドル以上の価値のある即時在庫のグラフィックスファイルを1億個で発売することを目指しています。 VZはトークンクラウドデールのための最初のコインの提供によってリリースされた各トークンの価値を引き上げることが保証されています。

VectorZillaプラットフォームには次のものが含まれます:

  • マイクロスティックグラフィックスのディープラーニング(AI)による販売
  • オンライングラフィックデザインとパブリッシングツールのスイート
  • パートナー向けAPI
  • ホワイトラベルのソリューション
  • 何百万人ものユーザー(デザイナー、出版社、マーケティング担当者など)がVZコンテンツを使用できるようにする人気の高いソフトウェア(Adobe Illustrator、Sketch、WordPress、Shopify、Magentoなど)のアプリ、プラグインおよび拡張機能
  • コントリビュータが最高の料金でVZのグラフィックを透明性の高いレベルで販売するための市場
  • すべての重要なデータ、情報、およびファイルのブロックチェーンベースのストレージ

背景:VectorZillaの背後にあるチームは、ui / ux、創造的なグラフィックデザイン、ソフトウェア製品とサービス開発、ITコンサルティング、ビジネス管理、起業家精神で何十年もの経験を持つ40人以上の人々で構成されています。彼らのほとんどはAllies Interactive Services Private Limited(インドに拠点を置く)で協力してきました。創業者は、Micro-Stock Graphics業界で10年の経験を持つInformation Technologyで18年以上の経験を持ち、そのうちのいくつかは初期の段階からブロックチェーン(および仮想通貨)で作業していました。 VectorZillaは、100万を超えるベクトルグラフィック要素(オブジェクト/アイコン/クリップアート)のライブラリと、さまざまな種類の数十万を超えるライブラリを所有しています。

チーム すべてを見る

Abdul Qaiyoom
Abdul Qaiyoom
Co-Founder & CEO
Abdul Qabiz
Abdul Qabiz
Co-Founder & CTO
Max Garza
Max Garza
COO & Partner
Joseph Gallo
Joseph Gallo
CFO
A Qavi
A Qavi
CIO & Chief Strategy Officer
Shivani Pandey
Shivani Pandey
Product Manager

人気STO/ICO記事

  • BitMEXのBTC/USDペアー名称変更について

    いつもコイン相場をご利用いただき、誠にありがとうございます。最近、コイン相場アプリ内でBitMEXのチャートが表示されないというお問合せがたくさん届いています。既存のBitMEX取引所にあるBTC/USDペアーはアップデート後、XBT/USDに変更されましたのでBTC/USDペアーを登録していたユーザー様は「XBT/USD」ペアーを再度登録をお願いいたします。また、以下のスクリーンショットを見ると分かりますが、現在XBT/USDの表示にUSDが重複されている状況です。この部分は、正しく修正して参りますのでひとまずXBTUSD/USDでご利用をお願いいたします。もともと、アプリ内でBitMEX取
  • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

    ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)