VectorZilla - ディープラーニング主導のグラフィックス保存プラットフォーム

VectorZilla.IOはイーサリアムネットワークの上に構築された、世界で初めてのブロックチェーンベースの深層学習(AI)主導のロイヤリティフリーのグラフィックスプラットフォームおよびマーケットプレイスです。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VZT
開始日時
2018-01-15
終了日時
2018-02-05
最高目標
69,000 ETH
トークン供給数
75,000,000
公式サイトへ Owner of VectorZilla?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率75%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

VectorZilla(VZ)は、世界初のブロックチェーンベースのDeep Learning(AI)駆動のロイヤリティフリーストックグラフィックスプラットフォーム&マーケットプレイスです。 VZは2500万ドル以上の価値のある即時在庫のグラフィックスファイルを1億個で発売することを目指しています。 VZはトークンクラウドデールのための最初のコインの提供によってリリースされた各トークンの価値を引き上げることが保証されています。

VectorZillaプラットフォームには次のものが含まれます:

  • マイクロスティックグラフィックスのディープラーニング(AI)による販売
  • オンライングラフィックデザインとパブリッシングツールのスイート
  • パートナー向けAPI
  • ホワイトラベルのソリューション
  • 何百万人ものユーザー(デザイナー、出版社、マーケティング担当者など)がVZコンテンツを使用できるようにする人気の高いソフトウェア(Adobe Illustrator、Sketch、WordPress、Shopify、Magentoなど)のアプリ、プラグインおよび拡張機能
  • コントリビュータが最高の料金でVZのグラフィックを透明性の高いレベルで販売するための市場
  • すべての重要なデータ、情報、およびファイルのブロックチェーンベースのストレージ

背景:VectorZillaの背後にあるチームは、ui / ux、創造的なグラフィックデザイン、ソフトウェア製品とサービス開発、ITコンサルティング、ビジネス管理、起業家精神で何十年もの経験を持つ40人以上の人々で構成されています。彼らのほとんどはAllies Interactive Services Private Limited(インドに拠点を置く)で協力してきました。創業者は、Micro-Stock Graphics業界で10年の経験を持つInformation Technologyで18年以上の経験を持ち、そのうちのいくつかは初期の段階からブロックチェーン(および仮想通貨)で作業していました。 VectorZillaは、100万を超えるベクトルグラフィック要素(オブジェクト/アイコン/クリップアート)のライブラリと、さまざまな種類の数十万を超えるライブラリを所有しています。

チーム すべてを見る

Abdul Qaiyoom
Abdul Qaiyoom
Co-Founder & CEO
Abdul Qabiz
Abdul Qabiz
Co-Founder & CTO
Max Garza
Max Garza
COO & Partner
Joseph Gallo
Joseph Gallo
CFO
A Qavi
A Qavi
CIO & Chief Strategy Officer
Shivani Pandey
Shivani Pandey
Product Manager

人気ICO記事

  • 「コイン相場」開発週報 Vol.27

    皆様、あけましておめでとうございます。2019年もチーム一丸となって「コイン相場」の更なるアップデートを重ねていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。さて、早速ですが開発アップデートに関して、進捗と今後の予定をお知らせ致します。まず朗報です。Android版はついにダークモードがリリースされました。新しいインターフェースは、2週間の設計・開発を経てほぼ完成していますので、早ければ来週にはお披露目できるかと思います。主に日本人に合わせてUXを最適化しており、コンテンツや実用性が大幅に向上しますので乞うご期待下さい。年末に日本でリリースした「みんなのエアドロ」ですが、多くのユーザー様から反
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.30 - チャット機能を開発しております。

    先週と今週はNews 2.0のリニュアルとチャット機能の開発を進めてまいりました。チャット機能は現在、最終テスト段階でデザインや基本的な機能の開発は済んでおります。ニュース媒体の中で特定の媒体をフォローし、フォローした媒体だけ集めてが見られるようになります。つまり、ニュースアグリゲーションのカスタマイズができます。チャット機能は完全に開発され、テストは最終段階に入りましたデザインの最適化・調整のため、来週リリースされる予定です。ウォッチリストですぐ、チャットの内容が確認できます。お楽しみに!
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.28

    2019年の1月も半分以上経っております。仮想通貨市場全体が下がっておりますが今年もコイン相場アプリはこれまで以上に進化していきますのご期待ください。今月は主に今までの機能を最適化する作業をおこないました。ニュースタブにTOPページが新設されます。今までユーザーは最新情報を得るために多数のページにアクセスする必要がありました。今回、アップデートされるTOPページではよりスピーディーな情報獲得ができます。また、速報スクリーンショットシェア機能が追加され、SNSで共有できるようになります。一般モードと夜間モード両方で目に負担がかからないような色を選別し、調整いたしました。待ち時間を減らすため、ポー