Uservice - 自動車メンテナンスとサービスのためのグローバル分散型ブロックチェーンベースのプラットフォーム

Userviceブロックチェインテクノロジーはスマートコントラクトシステムが自動車サービスとメンテナンスの要求を処理するだけでなく、業界のプレーヤーによるさらなる最適化のためにすべての自動車の履歴を1つのブロックチェーンに保存するためのイーサリアムブロックチェーンプラットフォームです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
UST
開始日時
2017-11-20
終了日時
2018-02-01
最低目標
3,000 ETH
最高目標
300,000 ETH
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Uservice?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨ETH
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre sale - 50%
  • 1st week - 20%
  • 2nd week - 10%
  • 3rd week - 5%

概要

プラットフォームは、すべての自動車業界の代表者を接続します

カー・オーナー、保険会社、銀行、自動車サービス・センター、部品代理店、その他多くの企業が、販売チャネルを拡大し、提供されるサービスの利益と効率を高めるために当社のプラットフォームに加わることに関心を持つでしょう。

ブロックチェーン技術

エコシステム内のトランザクションを記録することは即座に行われます。 数分で、世界のどこにいても、修理工場などのサービスの調整と支払いを選択することができます。

分散データベース

ブロックチェーンのプラットフォーム上にすべての自動車の歴史を保存することで、自動車業界全体で情報の集大成となっています。

チーム

Arthur Terisayan
Arthur Terisayan
Founder of Uremont & Uservice
Karen Movsisyan
Karen Movsisyan
Businessman
Batu Hasikov
Batu Hasikov
Businessman, Public Figure
Sangadji Tarbaev
Sangadji Tarbaev
Businessman

人気STO/ICO記事

  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )