Carblox - 世界初の分散型車両登録制度

Carbloxは世界中の自動車業界を混乱させ、修正することを目指す車両データを活用、保管、検証するエコシステムです。 中核となるのは、ブロックチェーン技術、暗号化、IoTを利用した分散型車両レジストリであり、車両や車両関連のサービスを透明で安全かつ信頼できる方法で売買するのに役立ちます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CRX
開始日時
2017-10-30
終了日時
2017-11-28
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Carblox?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre_ICO - Up to 30%
  • ICO - Up to 30%

概要

自動車車両のデジタル情報に基づくブロックチェーンのプラットフォームとエコシステムを構築することが目的の分散型エコシステム。 世界初の自動車市場における、ブロックチェーンに基づいたスマートコントラクト。 自動車の購入、リース、販売や、オンデマンドで車両や保険などの情報を取得することができる。

特徴

イーサリアムがベースのブロックチェーンであり、スマートコントラクトのコードは確実に分散して保存、実行される。 Carbloxにてデータへのアクセスは透過的で、ブロックチェーンの使用、暗号化、デジタル署名システム、およびアクセス権を明確に分離し、プライバシーが確保される。全ての情報は暗号化され、分散ストレージに格納され、ブロックチェーンに格納されたデータに基づく 暗号化方法によって情報の安全性、不変性および信頼性が保証されている。プラットフォームの開発はシステムへの参加者全ての同意を得て行われている。 また、運営には多くのメンバ(自動車所有者、バイヤー、保険とリース会社、カーディーラー、サービスステーション、州当局、スマートデバイスのサブシステム)が関わる。 柔軟なAPIにより、参加者がプラットフォームで動作するようにシステムを統合できる。

機能

  • Carbloxには車両購入の購入履歴が全て保存されており、買い手は自分の欲しい車が何かを把握し、売り手はその価格を正当とするための議論を持つこととなる。
  • 車両保険料と支払いについては、Carbloxに保存された情報に基づき計算される。 保険会社は個人の保険商品を提供することができ、車両所有者のリスク及び保険料の削減が可能となる。
  • ユーザは修理、保守サービスの手頃な価格を見つけることができる。Carbloxに必要な作業を要求し、技術的なことやメンテナンス履歴に関連する情報にアクセス可能とする。
  • IoTにより、エコシステム参加者だけではなく遠隔測定装置によっても情報収集される。

トークン

CRXトークン。ERC-20対応。Carbloxサービスで使用可能。 トークンはシステム内だけでなく暗号通貨取引所での売買が可能である。 ユーザのパーソナルアカウントは、CRXトークンが保存されたウォレットに自動で紐づけられる。

チーム

Alexander Beck
Alexander Beck
CEO and founder
Peter Keller
Peter Keller
CTO and co-founder
Sabina Ibragimova
Sabina Ibragimova
Project manager
Jack Chi
Jack Chi
Core developer
David Edwards
David Edwards
Blockchain architect
Akira Davis
Akira Davis
Business development

人気STO/ICO記事

  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗