Upline - ネットワークマーケティングのためのブロックチェーンソフトウェア

Uplineは、ネットワークマーケティングのための単純化された複製可能なソリューションで、年間売上高は2000億ドルの業界です。 1億人を超える人々が参加し、毎月100万人の新規参加者が参加していますが、95%が希望した結果を達成していません。 Uplineは、ネットワーク販売のすべての作業プロセスを1つのオンラインツールにまとめ、エコシステムを作成しています。 UplineはNM企業とネットワークマーケティング担当者のニーズを満たし、両者が今日の相互に関連し合う世界で成功することを可能にします。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
UPL
最低目標
300,000 EUR
最高目標
14,000,000 EUR
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
18,000,000
公式サイトへ Owner of Upline?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, Fiat
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Stage 1 - 50%
  • Stage 2 - 35 %
  • Stage 3 - 25-0%

概要

なぜUplineを選ぶのか

  • 作業工程の簡素化。
  • 複製を増やす。
  • 拒絶の恐れを減らす。
  • 情報伝達の信憑性、品質、スピードを向上させる。
  • 販売プロセスの概要と統計をもつ。
  • SMSとGoogleカレンダーを介して行動を起こすように通知される。

チーム すべてを見る

Mihail Polonski
Mihail Polonski
STRATEGIST / CO-FOUNDER
Jaan Rammul
Jaan Rammul
CEO
Katrin Jakimets
Katrin Jakimets
PROJECT MANAGER
Sten Uuesoo
Sten Uuesoo
COO
Oliver Solntsev
Oliver Solntsev
CREATIVE MANAGER / CO-FOUNDER
Erki Pähklamägi
Erki Pähklamägi
PRODUCT VISIONARY

人気STO/ICO記事

  • ワン株は儲かる?しくみや取引のポイントを教えます!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ワン株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ワン株は少額で気軽に始められる株式です。そこで、ここから、ワン株のしくみ、特徴、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やワン株に興味がある方におすすめの内容です。ワン株とは1株単位で取引ができる株式で、マネックス証券が提供しているサービスのことです。株取引は通常100株単位で行なわれますが、ワン株の取引単位は文字通り1株です。通常の取引単位である10
  • 韓国、仮想通貨Youtuberの襲撃被害・・有料サロンが原因か

    仮想通貨コミュニティ「」を運営してきた韓国の仮想通貨インフルエンサー「ファンさん」が10日、ソウル市に位置する自宅マンションのエレベーターで仮想通貨投資家と思われる2人の男性から襲撃され、後頭部などが出血する被害を受けた。被疑者2人は、エレベーターでファンさんの手に手錠をかけ凶器で後頭部などを打撃し、1人はオーストラリアに逃走、もう一人は昨日(13日)逮捕された。韓国警察は犯人2人は犯行の前、防犯カメラに予めスプレー噴射するなど事前に犯行を計画していたと発表している。ファンさんは現在、命に別条はないと知られているが精神的に大きなショックを受け、警護を依頼し治療を受けている。韓国の仮想通貨Yo
  • ファクタリングとは

    ファクタリングとは債権を売却することで現金化する為のサービス。債権は請求する権利が発生しているが、支払いが行われていないものを指す。分かりやすい事例としては、請求書が挙げられ、支払いは確定しているが、実際に振り込まれていない期間は請求する側が債権を保持している状態であると言える。ファクタリングは、この支払い期日を前に債権を買い取ることで、債権保持者のキャッシュフローを改善する役割を持つ。基本的には、債権自体を買い取る行為に当たるので、債権保持者がファクタリング会社に対して借金を負っているわけでは無い。1. 法人2. 個人事業主3. 個人の三者いずれにも可能性がある。最も一般的だと言えるのは法人