Upline - ネットワークマーケティングのためのブロックチェーンソフトウェア

Uplineは、ネットワークマーケティングのための単純化された複製可能なソリューションで、年間売上高は2000億ドルの業界です。 1億人を超える人々が参加し、毎月100万人の新規参加者が参加していますが、95%が希望した結果を達成していません。 Uplineは、ネットワーク販売のすべての作業プロセスを1つのオンラインツールにまとめ、エコシステムを作成しています。 UplineはNM企業とネットワークマーケティング担当者のニーズを満たし、両者が今日の相互に関連し合う世界で成功することを可能にします。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
UPL
最低目標
300,000 EUR
最高目標
14,000,000 EUR
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
18,000,000
公式サイトへ Owner of Upline?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, Fiat
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Stage 1 - 50%
  • Stage 2 - 35 %
  • Stage 3 - 25-0%

概要

なぜUplineを選ぶのか

  • 作業工程の簡素化。
  • 複製を増やす。
  • 拒絶の恐れを減らす。
  • 情報伝達の信憑性、品質、スピードを向上させる。
  • 販売プロセスの概要と統計をもつ。
  • SMSとGoogleカレンダーを介して行動を起こすように通知される。

チーム すべてを見る

Mihail Polonski
Mihail Polonski
STRATEGIST / CO-FOUNDER
Jaan Rammul
Jaan Rammul
CEO
Katrin Jakimets
Katrin Jakimets
PROJECT MANAGER
Sten Uuesoo
Sten Uuesoo
COO
Oliver Solntsev
Oliver Solntsev
CREATIVE MANAGER / CO-FOUNDER
Erki Pähklamägi
Erki Pähklamägi
PRODUCT VISIONARY

人気STO/ICO記事

  • 【コインポインとは】無料でビットコインが貰える|リスクなく暗号資産を運用しよう

    コインポインとはコイン相場が運営するお小遣いサイトです。普段のお買い物や娯楽などのサービス利用をで利用するだけで、ビットコインを貰うことができるお得なお小遣いサイトです。ビットコインといえば、2017年4月頃から2017年末のバブル期を彷彿とさせる価格高騰をみせており、改めて注目を集めています。新しいテクノロジーとして投資家から注目されるビットコインですが、まだまだ黎明期であり不安定な市場です。そこで、投資初心者の方にも手軽にリスクなくビットコインに触れて欲しいという想いから、がリリースされました。や、として、まずは気軽に体験してみませんか?の仕組みはアフィリエイト広告で成り立ってい
  • LTC、ダスティング攻撃・・被害を受けたウォレットは約30万個と推測

    暗号資産メディアCointelegraphはブロックチェーン・データ分析企業GlassnodeのTwitterを引用し、「先日(9日)、バイナンスが時価総額5位のライトコイン(LTC)、50個のウォレットを対象に『ダスティング攻撃』があった」と発表したが、実際に被害を受けたのは29万4582アドレスであると報道した。<blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ko"><p lang="en" dir="ltr">The recent  dusting attack on  affected 294,582 addresses. During o
  • ボリンジャーバンドとその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。ボリンジャーバンド(BOLL)はチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。米国の金融アナリストで投資研究家のジョン・ボリンジャーが考案したことから、この名が付いています。1983年に考案され2011年に商標権が取得されました。ボリンジャーバンドは株価が移動平均線を中心に一定の範囲(標準偏差)の中で動くという前提で開発されました。ボリンジャーバンドは合わせて3つ