Upline - ネットワークマーケティングのためのブロックチェーンソフトウェア

Uplineは、ネットワークマーケティングのための単純化された複製可能なソリューションで、年間売上高は2000億ドルの業界です。 1億人を超える人々が参加し、毎月100万人の新規参加者が参加していますが、95%が希望した結果を達成していません。 Uplineは、ネットワーク販売のすべての作業プロセスを1つのオンラインツールにまとめ、エコシステムを作成しています。 UplineはNM企業とネットワークマーケティング担当者のニーズを満たし、両者が今日の相互に関連し合う世界で成功することを可能にします。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
UPL
最低目標
300,000 EUR
最高目標
14,000,000 EUR
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
18,000,000
公式サイトへ Owner of Upline?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, Fiat
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Stage 1 - 50%
  • Stage 2 - 35 %
  • Stage 3 - 25-0%

概要

なぜUplineを選ぶのか

  • 作業工程の簡素化。
  • 複製を増やす。
  • 拒絶の恐れを減らす。
  • 情報伝達の信憑性、品質、スピードを向上させる。
  • 販売プロセスの概要と統計をもつ。
  • SMSとGoogleカレンダーを介して行動を起こすように通知される。

チーム すべてを見る

Mihail Polonski
Mihail Polonski
STRATEGIST / CO-FOUNDER
Jaan Rammul
Jaan Rammul
CEO
Katrin Jakimets
Katrin Jakimets
PROJECT MANAGER
Sten Uuesoo
Sten Uuesoo
COO
Oliver Solntsev
Oliver Solntsev
CREATIVE MANAGER / CO-FOUNDER
Erki Pähklamägi
Erki Pähklamägi
PRODUCT VISIONARY

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[