UOS Network - 社会的および経済的行動を評判に変わるブロックチェーンプロトコル

新興の分散環境および匿名環境では、対処する対象の信頼性を評価するための座標が必要です。 U°OSは、オープンソースのブロックチェーンプロトコルを構成するユニバーサルレピュテーションシステムです。 U°OSは、新しい分散型ウェブの評判を評価するための標準として作成されました。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
UOS
開始日時
2019-08-08
終了日時
2019-08-14
初回価格
0.0250 USD
トークン供給数
100,000,000
公式サイトへ Owner of UOS Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率10%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

U°OSは、新しいタイプのブロックチェーントランザクションーソーシャルを導入します。 ソーシャルトランザクションは、ネットワークの参加者が、公共の分散台帳に記録された互いのアクティビティの反応です。 口座残高とその金融取引に加えて、U°OSは、社会的相互作用によっても動作します。これにより、主権に関する私たちの所有するデジタルIDのより全体的なポートレートを作成します。    「U°Community」dAppは、このタイプのトランザクションを使用して、コンテンツの賛成票、反対票、公開、ユーザーのフォローまたは信頼を行います。これは、ソーシャルトランザクションの無数の潜在的なユースケースの1つです。    ソーシャルトランザクションと経済的トランザクションを使用して、計算機ノード(重要度スコアの計算を実行し、結果のスコアをネットワークに配布するコミュニティ所有ノード)によって各アカウントの重要度を決定します。

チーム すべてを見る

Andrew Perepelitsa
Andrew Perepelitsa
Co-Founder and CEO
Vladimir Sapozhnikov
Vladimir Sapozhnikov
CTO
Peter Kotegov
Peter Kotegov
Lead Blockchain Developer
Alexey Prokopov
Alexey Prokopov
Chief Scientist
Petr Yakimchuk
Petr Yakimchuk
DevOps Engineer
Pavel Ivanov
Pavel Ivanov
Lead Frontend Developer

人気STO/ICO記事

  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi
  • 【中級・上級者向け】仮想通貨トレードの機会損失を防ぐ「Proアラート」リリース

    仮想通貨アプリ・コイン相場がついに有料会員制度・プレミアム会員をリリースしました!その中でも一番の目玉の機能はです。Proアラートとは、簡単にいうと価格アラートの上位互換版です。これまでの価格変動アラートに加えて、やを、コイン相場のPUSH通知でユーザーの皆様にお知らせする機能です。常にチャートに張り付いてトレードをしている方でも、多くの通貨ペアを同時に追い続けるの、苦しく無いですか?その点、Proアラートでは対応している取引所の全ての通貨ペアの分析をし、重要な局面の時だけ、ユーザーに教えてくれます。Proアラートがあれば、、、これで、これまで取りこぼしていたチャンスも、拾うことができた
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7