Twilight - 日本アニメのクラウディング・プラットフォーム

ブロックチェイン技術を利用して、アニメ制作者を取り巻く今日の厳しい状況に対して、これまでにない革新を実現することができます。 このプロジェクトでは、アニメ作品の資金調達、生産、流通のための分散型クラウドファンディング・プラットフォームである「C2C(Creator to Customer)アニメ制作システム」を実現する予定です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TWC
開始日時
2018-11-15
終了日時
2019-01-31
最低目標
1,500,000 USD
最高目標
20,000,000 USD
初回価格
1 TWC = 0.0002 ETH
トークン供給数
500,000,000
公式サイトへ Owner of Twilight?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

インターネットの発展に伴い、「日本アニメ」ファンの数が世界的に急増しています。 しかし、アニメスタジオや個人クリエイターは、このような世界的な好況にもかかわらず、ほとんどインセンティブを与えられずに厳しい作業環境で作業しています。 このような状況が続くと、日本のアニメ文化の質が低下することは避けられません。私たちは、ブロックチェイン技術によって、アニメ制作者を取り巻くこの厳しい状況に対して、これまでにない革新を実現することができると確信しています。 クリエイターは、クリエイターとアニメファンを直接つなぐ分散型プラットフォームを通じて、自分の傑作を自分のファン(C2C:クリエイターから顧客へ)に直接届けます。 「スタジオジブリ作品」「君の名」など、世界中の誰もが知っている、アニメファンと一緒に非常に成功したアニメをつくりませんか?

TWCプロジェクトによる「C2Cアニメ制作システム」

このプロジェクトでは、アニメ制作の新しい方法である「C2Cアニメ制作システム」が実現されます。 これは分散型クラウドファンディングプラットフォームに基づいており、アニメスタジオと個々のクリエイターがブロックチェーンに記録されているデジタルアイテムと二次利用のためのライセンスを発行して与えることによって一般のアニメファンから直接資金を調達します。 このプラットフォームにより、制作者やアニメスタジオは、サイン、原画、音声データ、入場券などのデジタル商品を直接支援者に発行して販売し、資金を集めることができます。 調達した資金はアニメ制作に使用できます。 さらに、このプラットフォームを利用して、二次利用のライセンスをブロックチェーン上で発行および管理できます。

分散型クラウドファンディングプラットフォーム

これはアニメスタジオや個々のクリエイターが資金を集めることを可能にする分散型クラウドファンディングのためのプラットフォームです。 アニメスタジオや個々のクリエイターは、このプラットフォームにTWC(Twilight Coin)をデポジットすることによってデジタルアイテムを発行する権利を持つことができます。 彼らは、ブロックチェーンに記録された自分自身の将来および過去の作品に関するデジタルアイテム(DIT:Digital Item Token)を発行し、アイテムのクラウドファンディングを通じて資金を集めます。 発行可能なデジタルアイテムは、サイン、原画、音声データ、入場券などです。また、TWCを入金することで、自作品の2次利用ライセンス(SUT:Secondary Usage Token)を発行することができます。 二次利用ライセンスは、二次利用者に売却することによって資金を調達することもできます。

TWC:トワイライトコイン

ICOの間に販売されるトークンです。 アニメスタジオや個々の制作者は、ICOまたは市場からTWCを購入してプラットフォームに預けることでDITとSUTを発行できます。デポジットはプラットフォーム上で凍結され、18か月後に返金されます。 また、クラウドファンディングを実行すると、上昇したETH(Ethereum)の2%がTWCに変換され、プラットフォームからキャンセルされます(以降、 "burn"と呼びます)。 より多くのクリエイターやアニメスタジオがこのプラットフォームに参加するにつれて、TWCのデポジットとバーンの量が増え、市場で循環するTWCの量が減り、TWCの価値が向上します。

DIT:デジタルアイテムトークン

ブロックチェーンに記録されているサイン、絵、原画、音声データ、入場券などの所有権であり、アニメスタジオや個々のクリエイターを支援するための彼らの貢献に対する感謝の手段としてサポーターに与えられます。 発行されるDITの最大数を設定できるため、非常にまれなデジタルアイテムを発行することができます。 将来デジタル商品をユーザー間で交換できるDEX(分散型取引所)を設定し、DEXが開設されると自由に取引できる予定です。

SUT:二次利用トークン

このトークンはブロックチェーンに記録されており、作品の二次利用ライセンスを表します。 付与された2次使用ライセンスとライセンシーの契約条件が記録され、誰がSUTを所有しているのもブロックチェーンで公開されています。 SUTを所有せずに二次的に作品が使用された場合は、プラットフォームで検出できます。 また、アニメファンの間で行われる同人活動などの派生作品(ファンアート)については、原作の同意のもとに二次制作者(ファンアーティスト)が制作できる仕組みを確立するために積極的にSUTを提供します。

チーム

Koji Wada
Koji Wada
CEO
Yutaka Yamamoto
Yutaka Yamamoto
ANIMATION DIRECTOR
Mitsuhiko Ito
Mitsuhiko Ito
ANIMATION PRODUCER
Ryosuke Ujihara
Ryosuke Ujihara
MARKETING DIRECTOR
Yoshihiko Shiraishi
Yoshihiko Shiraishi
BLOCKCHAIN CONSULTANT
Ali Omer Horzum
Ali Omer Horzum
MARKETING ADVISOR

人気STO/ICO記事

  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他
  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi