TrueChain - 高速、パーミッションレス、セキュア、そしてスケーラブル

初链TrueChain致力于下一代区块链基础设施,是全球最早采用fPow+pbft混合共识的公有链并拥有强大的全球开源技术社区,为去中心化应用(DApp)和全球资产流通提供高性能和高安全性的底层公链支撑。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
TRUE
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of TrueChain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

PoWまたはPoSなどの単一のコンセンサスメカニズムに基づく多くのパブリックチェーンは、効率性においてボトルネックを有しています。一方、dPoSやdBFTをベースにしたものは効率が改善されていますが、分散化に問題があります。 TrueChainは、ミドルバと呼ばれるPBFTとfPoWを組み合わせたハイブリッドコンセンサスを使用して、許可必要がないブロックチェーンが直面する最大の問題、すなわち分散化と効率性の矛盾を解決します。

トランザクションを処理するためのファーストチェーンとしてPBFTを使用し、PBFTの監視と選択をPoWノードの手に委ねます。その上、TrueChainはフルーツチェーン技術を伝統的なPoWプロトコル、すなわちfPowに統合し、スネイルチェーンとして、チェーンをさらに分権的で公平なものにします。TrueChainはまた、スケーラビリティの限界を引き上げるためにPBFTの上に分割を追加しました。

TrueChainは、堅実で最先端のテクノロジーを駆使して、分権化された経済のための実行可能で統制のとれたブロックチェーンプラットフォームを提供することを目指しています。それは、チェーンを維持し改善するための原動力として経済意識を利用する最初のハイブリッドコンセンサスインセンティブモデルを思い付きます。その一方で、DAppsの開発者や運営者のコストを削減し、ブロックチェーンをより一般的にするための安定したガス料金メカニズムも生み出します。

プラットフォームとして、TrueChainは、分散型経済革命に参加するために、世界中の開発者と起業家をその一員になるように引き付けるための包括的なコミュニティを構築します。 TrueChainにはグローバルな開発者コミュニティがあるだけでなく、開発者にとって便利な製品のグリッドもあり、それらはオープンソースであるため、よりユーザ指向になることができます。

TrueChainのチームは国際的で、アメリカ、ベトナム、韓国、中国、ヨーロッパなどからのメンバーを含みます。

人気STO/ICO記事

  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他