Traxia - カルダノコアチームが最初に投資したプロジェクト

Traxiaは、中小企業が売掛金を担保として短期資金調達にアクセスすることを可能にするB2B貿易金融プラットフォームです。 機関投資家は新しく作成されたこのトークン化された債券を世界市場で購入して取引することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TMT
開始日時
2018-05-02
終了日時
2018-06-02
初回価格
1 TMT = 0.055 USD
トークン供給数
600,000,000
公式サイトへ Owner of Traxia?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, ADA
供給率60%
KYCWhitelist
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

なぜ人々はそれを好きですか?

  • カルダノが投資した最初のプロジェクト(Emurgo投資拠点を通じて)
  • 世界43兆ドルの市場を目指す
  • 中国でポルシェデザインを初めて使用するケース
  • プラットフォームの稼働(2018年4月の第2版)

それは実際にどのように機能しますか?

  1. 中小企業(SME)がプロフィールを作成し、大手多国籍企業(MNC)との請求書をプラットフォームにアップロードします。
  2. MNCは請求書を検証し、条件に合致する場合は、秘密鍵を使用して債務を受諾します。
  3. 私たちはその請求書からデジタル資産(スマートコントラクト)を作成しました。この債務証券は今取引が可能です。
  4. 機関投資家は、この債務証券を割引価格で購入します。
  5. 最も低い割引を請求する投資家は、SMEを法定通貨で支払うことによって債務証券トークンを取得します。
  6. 投資家は今や証券を所有しています。彼はまた、流通市場でそれを取引することができます。
  7. 期限が到来すると、MNCは投資家または債務証券の現所有者を現金通貨で返済します。

チーム すべてを見る

William Bao Bean
William Bao Bean
General Partner at SOSV
John Burbidge
John Burbidge
Head of Business Development APAC at AMT Training
Darren Camas
Darren Camas
Senior Advisor at Emurgo
Jake Fisch
Jake Fisch
President & CEO at Acorn International (NYSE: ATV)
Zennon Kapron
Zennon Kapron
Managing Director of KapronAsia
Wei Zhou
Wei Zhou
CEO of XNode

人気STO/ICO記事

  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株