TOKIA - 永遠に無料の仮想通貨交換

TOKIAはすべての操作を簡素化し、すべての仮想通貨の交換を簡単にするために作成されたウォレット、交換、および暗号支払いカードです。多種多様な法定通貨を導入することで、資産の流動性が高まり、仮想通貨の世界全体がより速くスピンしていくことを保証します。 取引所にはブロックチェーンベースのファンドを安全かつ簡単にアクセスできるようにするための内蔵コールドストレージ機能もあります。 伝統的な銀行システムが誰にもアクセスを保証できない世界に、この技術の広範な普及を保証するためには、ブロックチェーンベースの通貨を使用する機会を提供することが重要です。TOKIAは従来の決済インフラストラクチャーをブロックチェーンに基づく資産や通貨と橋渡しすることを目指しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TOK
開始日時
2017-12-04
終了日時
2018-03-15
最低目標
1,500,000 TOK
最高目標
50,000,000 TOK
初回価格
1 TOK = 1 USD
トークン供給数
50,000,000
公式サイトへ Owner of TOKIA?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Dec 4 ~ Dec 30 - -47%
  • Dec 31 ~ Jan 31 - -35%
  • Feb 1~14 - 25% discount
  • Feb 15~28 - -15%
  • Mar 1~15 - -5%

概要

モバイル取引所&デジタル通貨ウォレット

モバイルウォレット

すべての仮想通貨基金のための便利で安全なモバイルウォレット

複数のブロックチェーン資産

それらのための1つの財布。 1つの便利なアプリケーションからすべてのデジタル資産を保存して取引する

モバイル取引所

モバイルデバイスから直接、仮想通貨と従来の通貨との交換

安全なオフラインストレージ

便利かつ安全。また、オフラインで保存される資産の量をコントロールできる。

取引手数料なし

毎月、取引所の自由取引量で10倍のTOKトークン残高を取得

複数の伝統通貨

仮想通貨資産を複数の伝統通貨に交換できる

ローンで利子を稼ぐ

トレーディングのためにデジタル資産を他の人に貸し出し、マージン取引ローンを通じて利子を稼ぐ

簡単にビットコインを購入する

あなたのTOKIA銀行口座への銀行振り込みを実行したら、すぐビットコインを獲得する。

チーム

Anna Lunhu
Anna Lunhu
Founding partner, CEO
Nathan Tafer
Nathan Tafer
Founding partner

人気STO/ICO記事

  • bitbank(ビットバンク)のおすすめ理由を解説!セキュリティーが堅牢で銘柄が豊富なbitbankで口座を開いてみよう

    ✅ 【お得】取引すればするほどおトク!メイカー取引はマイナス手数料新しい価格を指値で頻繁に取引を行うトレーダーには最適の取引所!なんと、メイカー取引の手数料が-0.02%で取引をすればするほどおトク!※メイカー(Maker)とは、板にない価格を作ることをいいます。✅ 【安心】セキュリティーが堅牢暗号資産取引所の分析企業CERによると、ビットバンクのセキュリティー体制は日本一、物理的な方法からの盗難や内部犯行の対策として秘密鍵が一つではなく、複数に分割された「マルチシグ」で管理✅ 【便利】アプリが使いやすく、UIが洗練されている24時間休まない仮想通貨市場では必ずスマホでの対応が必要な場合が多い
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)
  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ