Loan Bit - 貸出および投資プラットフォーム

LoanBitはブロックチェーン技術に基づいた融資および投資、多通貨および多機能オンラインプラットフォームです。 投資家と借り手がお互いに会い、お互いに有益な条件でお金を貸す機会があります。 LoanBitは個人が快適な自宅から法定通貨や仮想通貨のローンを利用できるユニークなサービスです。LoanBitは、各参加者が複数通貨のオンラインウォレットにお金を貯め、取引で通貨を売買し、お金を投資し、便利な通貨で融資を受ける多機能プラットフォームです。

ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
LBT
最高目標
20,000,000 USD
初回価格
USD 1,00
公式サイトへ Owner of Loan Bit ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 1 Day - 35%
  • 2-4 Days - 20%
  • 5-13 Days - 10%
  • 14-31 Days - 0%

概要

LoanBitは、ブロックチェーン技術に基づいた融資および投資、多通貨および多機能オンラインプラットフォームです。そこでは、投資家と借り手がお互いに会い、お互いに有益な条件でお金を貸す機会があります。

LoanBitは、個人が伝統通貨や仮想通貨で自宅からローンにアクセスできるようにするユニークなサービスです。LoanBitは、各参加者が複数通貨のオンラインウォレットを維持し、取引所で通貨を売買し、投資し、便利な通貨でローンを獲得できる多機能プラットフォームです。

貸付および投資

安全基金と世界仲裁との協力による貸出および投資のためのユニークなプラットフォーム

交換

数回のクリックで伝統通貨間で交換。ある通貨から別の通貨に即座に送信します。

サービスの確認

借り手の検証システムを改善しました。 他のサービスの検証サービスの提供します。

オンラインウォレット

貯金、交換、投資、サービスの購入

チーム すべてを見る

Misha Osaula
Misha Osaula
co-founder, CEO
Aleksandr Gryaznykh
Aleksandr Gryaznykh
co-founder, CFO
Dmitriy Kotikov
Dmitriy Kotikov
co-founder, CTO
Anton Mitrokhin
Anton Mitrokhin
strategic development
Steven Krohn
Steven Krohn
Adviser
Paul Francis
Paul Francis
Adviser

人気ICO記事

  • 【エアドロップQ】Bittech(BTECH)の基本情報おさらい

    はじめまして、最近『Airdrop』に興味を持ち始めている"もっちゃん"と申します。 普段は のライターをやっています。前回は  について記事を書かせていただきました。皆さんはもうYumerium(YUM)のトークンはもらいましたか?僕はちゃんとクイズに答えてもらいました..!あれから2週間経ちましたが、新しいエアドロップQコンテンツが始まるので紹介します。 コイン相場が運営している『エアドロップQ』ではので、諦めずにクイズに挑戦し続けることでトークンをもらうことができます(※時間制限・配布上限あり) 下記URLからエアドロップQの参加方法が分かるので確認してみてください...!【エ
  • 彼らの存在に気づくんだ。VC編

    皆様、生きていますか?生きてください。冬を耐えた先に春があります。さて、今回は仮想通貨界隈で活躍するVC(Venture Capital)の紹介です。スタートアップ(創業して間もない企業)に投資して、将来的に大きなリターンを得ようとする投資会社です。仮想通貨界隈に絞って言うと、仮想通貨系、ブロックチェーン系のスタートアップに投資する会社だと思ってください。話題にならないけど、Binanceなどにいきなり上場して、大きく値を上げたりするトークンがあったりしますよね?「話題にならない=ICOのマーケティングをしていない=ICOのマーケティングをする必要がない」とも考えることができますよね。有望な
  • 【API連携】CoinEx/コインイーエックスのAPI連携

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。API取得時とアプリに貼り付け時のIPアドレスが違う場合はアプリで認証されない場合があります。その場合、下記の「API