TokenGo - 公平で利益が得られる、ブロックチェーンベースのビジネストークンプラットフォーム

TokenGoプラットフォームは、ネットワークのスピードとスケーラビリティを向上させるために設計され、コード化された独自のソリューションを使用して、ブロックチェーンに基づいています。 TokenGoテクノロジーのコンセプトは、そのアーキテクチャのおかげで、シンプルなTokenGo APIを使用して、モバイルまたはWebアプリケーションとブロックチェーン機能を簡単に統合することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
GPT
開始日時
2018-02-27
終了日時
2018-04-30
最低目標
10,000 ETH
最高目標
250,000 ETH
初回価格
1 GPT = 0.00057143 ETH
トークン供給数
600,000,000
公式サイトへ Owner of TokenGo?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, BCH, LTC, DASH
供給率86%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Week 1 - 30%
  • Week 2 - 20%
  • Week 3 - 10%
  • Week 4 - 5%

概要

TokenGoは、統合されたWebプラットフォームを提供し、パーソナルキャビネットと、接続されたサービスと今後のサービスおよびプロジェクトに関する包括的な情報、および現在のlCO手順を提供します。

起業家とスタートアップの創始者は、lCO手続きのための理解可能なツールを必要とし、クラウドファウンディングブロックチェーンプラットフォームとの容易な統合が可能になります。 TokenGo lCOランディングページコンストラクタは、問題を完全に解決します。 ICOイニシエータは、Webサイトを柔軟に調整してICOを実行でき、数回のクリックですぐにTokenGo Webプラットフォームに統合できます。

このようにして、アイデア発信者とプロジェクトスターターは、財務閾値を大幅に引き下げ、市場へのスタートアップの導入を簡素化することができます。金融業務の完全な透明性を確保し、投資家がリスクを最小限に抑えることを可能にします。

TokenGoコミュニティは、参加者を誘致するための主要ツールとして経済的インセンティブという概念を強く支持し、その結果、彼らの貢献に比例して公正な報酬を受け取ることができます。

TokenGoコミュニティのWebプラットフォームにより、参加者はレビューの形式でメディアコンテンツを作成できます。専門家の分析や予測を行い、コメントと投票を使用して議論を行います。

コミュニティの本質的な目標には、質の高いコンテンツを作成し、効率的でプロフェッショナルな投資アプローチを確実にするために、参加者間の積極的な交流を促進することが含まれます。このプロセスを促進するために、私たちはGoPowerトークン保有者とコミュニティ参加者の他のカテゴリの間でGoCoinsを公平に配布する、DPoSコンセンサスのカスタマイズされた変更に基づくインセンティブスキームを提供します。

チーム すべてを見る

Anton Benderskiy
Anton Benderskiy
Founder and CEO, Blockchain Architect
Petr Gusev
Petr Gusev
Co-founder and CTO, Lead Blockchain Developer
Zhenish Tokoev
Zhenish Tokoev
Lead Software Engineer, Smart Сontracts Developer
Igor Pavlov
Igor Pavlov
Lead Software Engineer
Azat Tokoev
Azat Tokoev
Quality Assurance Engineer
Roman Kalinovskiy
Roman Kalinovskiy
UI/UX Designer

人気STO/ICO記事

  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[