SyncFab - ブロックチェーンによる革新的な製造

仲介業者やブローカーを排除してコストを削減し、収益を増加させます。 当社はお客様をハードウェアメーカーに直接繋ぐ、容易な生産追跡を提供します。バイヤーを製造施設に直接つながせることで、マーケティング費用を削減します。 SyncFabはスマートコントラクトを通じて支払いを保証し、価格と能力を完全にコントロールできます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MFG
開始日時
2018-02-15
終了日時
2018-03-15
最低目標
30,000 ETH
最高目標
60,000 ETH
トークン供給数
300,000,000
公式サイトへ Owner of SyncFab?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Silicon ValleyベースのSyncFabは、技術を活用し、IoTおよびIIoTと連携して、サプライチェーンに沿ったプロセスを合理化する高品質のデータを購入者および製造業者に提供することを目指しています。

SyncFabは、ビジネスツービジネス(B2B)SaaSエコシステムを通じてIIoTのメーカーと購入者を結びつけることで、購入者がオンデマンドの精密部品生産の高度な加工が可能な企業を見つけ出し、参加者を呼び込むことができる公開ピアツーピアエコシステムを構築しますサプライチェーンの効率向上に情熱を注ぎます。政府はインターネット(ARPANET)を構築していたが、SyncFabは、IIoTが(SyncFabが形成している)官民パートナーシップを通じて共同で構築されると考えています。このような部門横断的なパートナーシップは、ベストプラクティスを収集して組み合わせ、複数の視点から知恵を分かち合います。

発明家、イノベーター、およびデザイナーは、認定された機械ショップと高度な製造施設のネットワークが拡大するインタラクティブなクラウドベースのポータルに入り、誰がローカルで清潔であるかなどのいくつかの基準によってマッピングされます。

SyncFabの最適化された適応型サービスにより、製造プロセスをハイテクスマートファクトリに移行しようとする企業、および「コストオーダー」プロセスを最適化する方法(顧客アカウントごとの間接費を削減する方法)では、ソーシング精密部品生産の追跡と整理、調達システムの改善が含まれます。

最近の報告によると、米国の企業は2012年に200億ドルを費やし、2020年までにスマート技術に約5000億ドルを費やすと予測されています。

2016年のフォーブスの製造業見通しでは、調査対象の企業の32%が企業戦略がIIoTによる統合技術に大きく依存していると回答した。図表:サプライチェーンへのパーチング技術を参照してください。

これらの将来を見据えた企業は、SyncFabのサービスの顧客基盤です。

SyncFabのSmart Manufacturing Blockchainにとって不可欠なのは、MFGユーティリティトークンを使用することです。このトークンは、コミュニティユーザーにブロックチェーン技術を採用するためのインセンティブを提供するものです。ブロックチェーンの採用の核心は、中小メーカーがブロックチェーンにアクセスして現在不明瞭な場所にいるサプライヤーとなるパブリックで透明性の高いサプライチェーンシステム上に構築された購入者、開発者、および製造業者間の共通の信頼感です。 。

たとえば、RFQで行われた作業を補うために、サプライチェーンの購買者やバイヤーのジャストインタイムのニーズに対応するために、より多くの反応が生じます。購入管理者は、コストと品質管理に対するブロックチェーンの固有の透明性を利用して、信頼の問題と遅延を削減します。

MFGトークンの発売により、SyncFabは初期のアダプター、プロトコル開発者、スマートコントラクトのインテグレーターとして製造サプライチェーンのブロックチェーンに従事しています。 MFGトークンはまずSyncFabで利用され、次にSyncFabのすぐに開発されるSmart Manufacturing Smart Contract Ethereum Blockchainで利用されます。 MFGトークンは、SyncFabの開発したブロックチェーンスマートコントラクトプロトコルを使用するか、業界初のMFGトークンスマートコントラクトベースのインセンティブメカニズムを使用して、新興のパートナー製造サプライチェーンブロックチェーンによって最終的に採用されます。

MFGトークンは、官民パートナーシップから構築された強力なネットワーク・ランチパッドを持つSyncFabプラットフォームに統合されます。パブリック・ピア・ツー・ピアのSmart Manufacturing Blockchainに対応するように設計されていますが、このユーティリティは、より内向きの民間企業ベースのサプライチェーンブロックチェーンである将来のサプライチェーンブロックチェーンなど、サードパーティのスタンドアロンソリューションを補完するように設計されています。

チーム

Jeremy Goodwin
Jeremy Goodwin
Chief Executive Officer
Andy Tong
Andy Tong
Chief Strategy Officer
Jay Ligda
Jay Ligda
Chief Technology Officer
Dennis Delgado
Dennis Delgado
Chief Design Officer
Victor Nguyen
Victor Nguyen
VP Product & Operations
Ben Gerstein
Ben Gerstein
VP Marketing

人気STO/ICO記事

  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。