STAYGE - エンターテインメント業界向けのブロックチェーンプラットフォーム

STAYGE Networkは、さまざまなアプリやビジネスモデルで活用するために、ファンチャンスの影響をトークン化するブロックチェーンをベースにしたエンターテイメントエコシステムです。 ファンコミュニティサービスは、ファンの貢献度に基づいてトークンを生成し配布します。 さらに、ファンは、電子商取引、ゲーム、コンテンツサービスなどのDAppsに報酬トークンを費やすことができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
STG
最低目標
2,500,000 STG
最高目標
12,500,000 STG
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
5,000,000,000
公式サイトへ Owner of STAYGE?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームICON
タイプICON
参加可能通貨ICX, Others
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    STAYGE Oneの使命は、モチベーションの高いファン、アーティスト、エンターテイメント業界のさまざまなステークホルダーを含め、誰もがより公平に成長し利益を得る、持続可能なプラットフォームを構築することです。

    この目的のために、私たちはエンターテインメント業界の真の基盤であるファンダムをトークン化しています。 ファンダムの影響は、以前の生態系では無形でしたが、STAYGENetworkを介して具体的な価値を持ちます。 トークン化されたファンダムは、生態系と市場拡大の原動力になります。

    チーム すべてを見る

    Aaron Shin
    Aaron Shin
    Ascendo Ventures Managing Partner
    Jinwoo Shin
    Jinwoo Shin
    KAIST Associate Professor, Electrical Engineering
    DS Kim
    DS Kim
    Pentasecurity System CSO
    Matt Cheng
    Matt Cheng
    Cherubic Ventures / Founder & Managing Partner
    Willy Kwon
    Willy Kwon
    Kermis D&C / Chairman
    James Jung
    James Jung
    beSUCCESS / Founder & CEO

    人気STO/ICO記事

    • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

      ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
    • これをみればミニ株のすべてがわかります!

      株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
    • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

      警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。