STAYGE - エンターテインメント業界向けのブロックチェーンプラットフォーム

STAYGE Networkは、さまざまなアプリやビジネスモデルで活用するために、ファンチャンスの影響をトークン化するブロックチェーンをベースにしたエンターテイメントエコシステムです。 ファンコミュニティサービスは、ファンの貢献度に基づいてトークンを生成し配布します。 さらに、ファンは、電子商取引、ゲーム、コンテンツサービスなどのDAppsに報酬トークンを費やすことができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
STG
最低目標
2,500,000 STG
最高目標
12,500,000 STG
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
5,000,000,000
公式サイトへ Owner of STAYGE?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームICON
タイプICON
参加可能通貨ICX, Others
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    STAYGE Oneの使命は、モチベーションの高いファン、アーティスト、エンターテイメント業界のさまざまなステークホルダーを含め、誰もがより公平に成長し利益を得る、持続可能なプラットフォームを構築することです。

    この目的のために、私たちはエンターテインメント業界の真の基盤であるファンダムをトークン化しています。 ファンダムの影響は、以前の生態系では無形でしたが、STAYGENetworkを介して具体的な価値を持ちます。 トークン化されたファンダムは、生態系と市場拡大の原動力になります。

    チーム すべてを見る

    Aaron Shin
    Aaron Shin
    Ascendo Ventures Managing Partner
    Jinwoo Shin
    Jinwoo Shin
    KAIST Associate Professor, Electrical Engineering
    DS Kim
    DS Kim
    Pentasecurity System CSO
    Matt Cheng
    Matt Cheng
    Cherubic Ventures / Founder & Managing Partner
    Willy Kwon
    Willy Kwon
    Kermis D&C / Chairman
    James Jung
    James Jung
    beSUCCESS / Founder & CEO

    人気STO/ICO記事

    • 韓国の大手芸能事務所SMエンターテインメント、独自のブロックチェーンプラットフォームを開発か

      韓国現地メディアによると、韓国の大手芸能事務所SMエンターテインメント(BoA、東方神起、少女時代などを生みだした芸能事務所)が昨日、韓国で開かれた「Upbit開発者カンファレンス」で独自のブロックチェーンプラットフォームをリリースする計画があることを発表した。SMエンターテインメントはブロックチェーンが「仮想の世界」と「実物の世界」をつなぐいい道具として役割を果たすことができると判断した説明した。また、アーティストとファンがウィンウィン(win-win)できるモデルを作るために最善を尽くすと述べた。SMエンターテインメントの関係者は「ブロックチェーン事業を一緒にやっていく協力会社と話を進めて
    • 韓国のIT業界4名、不特定の人事担当者のPCに侵入しMoneroをマイニング・・懲役が下される

      韓国の現地メディアKBSによると、IT業界で働いていた4名が2017年10月から12月までの2か月にわたり、韓国企業の人事担当者のPCに侵入し、時価総額10位のモネロをマイニングした疑いで逮捕された。フリーランスプログラマー、ショッピングモールを運営している4名は、2017年9月、注目を浴びていた仮想通貨を利用し、情報通信技術の盲点を狙い犯行を行った。仮想通貨で金銭的な利益を得るには、マイニングをするか、取引で利益を得る2つの方法がある。彼らはこの中で、マイニングを選んだ。通常マイニングを事業化するには、数百台のパソコンを用意する必要があるが、彼らはインターネットに接続された不特定多数のPCに
    • LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

      coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されることになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。各dAppに配分されるトークンの数