STAYGE - エンターテインメント業界向けのブロックチェーンプラットフォーム

STAYGE Networkは、さまざまなアプリやビジネスモデルで活用するために、ファンチャンスの影響をトークン化するブロックチェーンをベースにしたエンターテイメントエコシステムです。 ファンコミュニティサービスは、ファンの貢献度に基づいてトークンを生成し配布します。 さらに、ファンは、電子商取引、ゲーム、コンテンツサービスなどのDAppsに報酬トークンを費やすことができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
STG
最低目標
2,500,000 STG
最高目標
12,500,000 STG
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
5,000,000,000
公式サイトへ Owner of STAYGE?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームICON
タイプICON
参加可能通貨ICX, Others
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    STAYGE Oneの使命は、モチベーションの高いファン、アーティスト、エンターテイメント業界のさまざまなステークホルダーを含め、誰もがより公平に成長し利益を得る、持続可能なプラットフォームを構築することです。

    この目的のために、私たちはエンターテインメント業界の真の基盤であるファンダムをトークン化しています。 ファンダムの影響は、以前の生態系では無形でしたが、STAYGENetworkを介して具体的な価値を持ちます。 トークン化されたファンダムは、生態系と市場拡大の原動力になります。

    チーム すべてを見る

    Aaron Shin
    Aaron Shin
    Ascendo Ventures Managing Partner
    Jinwoo Shin
    Jinwoo Shin
    KAIST Associate Professor, Electrical Engineering
    DS Kim
    DS Kim
    Pentasecurity System CSO
    Matt Cheng
    Matt Cheng
    Cherubic Ventures / Founder & Managing Partner
    Willy Kwon
    Willy Kwon
    Kermis D&C / Chairman
    James Jung
    James Jung
    beSUCCESS / Founder & CEO

    人気STO/ICO記事

    • 【7/17】世界ニュースまとめ - 仮想通貨投資で有名だった「青汁王子」懲役2年求刑、サモア当局、「スキャムプロジェクトOneCoin」のマネーロンダリング調査開始

      日刊スポーツの報道によると2月12日逮捕された「メディアハーツ」(現ファビウス)の前社長、三崎優太被告(30)が16日懲役2年が求刑された。三崎氏は約1億8000万円の脱税で法人税法違反の罪に問われていた。「青汁王子」と知られている三崎氏は広告費と偽って会社の資金を知人が経営する会社に送金させる方法で脱税を行っていた。脱税した不正資金は株式や仮想通貨の購入などに使ったとのこと。三崎氏は「仮想通貨『ICO投資』ってやつで10万円を2億円にしてみた」や「仮想通貨ICO投資で50億円稼ぐ」という本の著者であり、テレビ番組にも出演していた。同氏はツイッターを通じ、焼き鳥店でアルバイトとして勤務している
    • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

      仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部
    • 【7/11】世界ニュースまとめ - カナダ政府、仮想通貨取引所登録を義務化へ、プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認

      10日、コインテレグラフによるとカナダ政府が来年の2020年6月1日までカナダ現地のすべての仮想通貨取引所を対象に「カナダ金融取引報告分析センター(FinTRAC)」への登録を義務化した。カナダ政府はマネーロンダリング、テロ資金支援などの犯罪収益に対する規制改正案を発表し、現地の仮想通貨取引所が当局の登録手続きを遵守しないといけないことを明らかにした。これに関して現地Oslerの法律事務所のLori Stein弁護士は今回の改正案発表で仮想通貨業界に対する現地銀行及び金融機関のサービス提供がより開放的で円滑になると展望した。一方で今回の改正案で仮想通貨取引所が現地市場で離脱する可能性もあると予