Stackr - ブロックチェーンコミュニティーのための貯蓄ソリューション

Stackrは、中間業者を省く暗号通貨と米ドルの確実な長期貯蓄ソリューションです。従来型の金融、今日の金融テクノロジー、そして専門知識を組み合わせることで、Stackrはブロックチェーンコミュニティーのための革新的、確実かつ柔軟な貯蓄ソリューションを先駆けて開発することができました。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
STKR
開始日時
2019-01-15
終了日時
2019-02-28
最低目標
7,000,000 USD
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
1 STKR = 0.1 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Stackr?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率65%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

「Stackr」または「Stackr Solution2」は、完全なグローバル長期貯蓄ソリューションであり、個人向けの信託構造により、投資家が資本とデジタル資産の両方の多様なポートフォリオを保持することができます。伝統的な金融と穏やかな金融技術の交差点は、規制された環境で革新的で安全で柔軟な貯蓄ソリューションを開拓することをStackr Groupに可能にしました。

貯蓄は長く富の生成の礎石でした。テクノロジーが進化するにつれ、貯蓄ソリューションは同様の方法で前進する必要があることは明らかです。 Stackr Groupは貯蓄ソリューションに悪影響を与える伝統的な摩擦(手数料、税金など)を最小限に抑え、安全な信託構造内でダイナミックな投資選択肢を提供します。 Stackrはその種の最初のものです。中核投資の選択肢は、長期的な持続可能な成果を提供することに重点を置いています。デジタル資産エクスポージャーは、投資家にドローダウン防止のオプションを使用してトップの暗号資産のインデックスを追跡する機会を与えます。キャピタル資産の選択により、投資家はグローバルな市場に晒され、適応的な長期エクスポージャーを促進する機械学習によるリスク管理手法を学ぶことができます。法定通貨(US $)と仮想通貨を保有する能力は、投資家に柔軟性をもたらします。

Stackrの顧客は、受益者の指名を可能にする手頃な価格の個人化された国際信託口座の恩恵を受けるとともに、節税基礎上の円滑な世代間移転を促進します。統合された管理と第三者の保管は資産を安全に保ちますが、Webポータルでは使いやすさと柔軟性が得られます。 Stackrソリューションは、Stackr Cayman LimitedのSTKRトークンの販売とともに開始されます。 STKRトークン生成イベント(TGE)は、ユーザーの採用を促進し、投資業界を中抜きするために必要な資金提供に役立ちます。 Stackr Cayman Limitedは、最新の研究と技術を活用して、Stackrソリューションを継続的に改善するために、トークンセールの間に調達した資金を使う予定です。 STKRトークンを保有することにより、Stackrグループの純利益の25%が購入とバーンプロトコルで使用される一方、投資家はStackr料金の大幅な削減を受けることができます。 STKRトークンの有用性は、Stackr Solutionの成功にもつながっています。

チーム すべてを見る

Jacobus Kruger (Cobus Kruger)
Jacobus Kruger (Cobus Kruger)
Chief Executive Officer & Founding Partner
Brendan Gallagher
Brendan Gallagher
Chief Operating Officer & Founding Partner
Piers Fox
Piers Fox
Head of Marketing
James van Zyl
James van Zyl
Head of Finance
Gideon Faasen
Gideon Faasen
Head of Investments
Jonathan Clark
Jonathan Clark
Head of Technology

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )