SocialRemit - 新興プロジェクトへの金融・技術ツールのためのブロックチェーンプラットフォーム

SocialRemit はブロックチェーンを基にし、金融・ 技術ツールを加えた新興プロジェクトとしてデザインされ、連帯経済への良い影響を与えることができる新しいプラットフォームです。SocialRemit は、高効率で自律分散型プラットフォームの構築を目指すことで, 参加コミュニティは金融プロジェクト関わることができるようにしています。SocialRemitのミッションは、社会を変える本当のエージェントになることができるプラットフォームを提供することです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SR-EUR
開始日時
2018-11-03
終了日時
2019-04-01
最低目標
50,000,000 USD
最高目標
180,000,000 USD
初回価格
0.6799 USD
トークン供給数
300,000,000
公式サイトへ Owner of SocialRemit?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, NEO, LTC, DOGE, Fiat
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    リスク

    STOの集団販売は比較的若い投資モデルですが、急速に発展しているモデルでもあります。トークン購入は全ての納税者に高いリスクを与え、その中でもいくつかのリスクは投資家自身が直面する可能性があり、利益の保証はありません。

    トークン

    "EaD " トークンは、基本的にはSOCIALREMITブロックチェーンネットワーク株式会社 (Stock1Wise 株式会社 "S1W "、Okay Money Transfer株式会社)”EaD”のプラットフォームネットワークによるメンバーシップの証明書です。

    SocialRemitのトークン

    "SocialRemit "トークンの出力値は、STOの終わる時異なる取引所によるリリースの1ユロになるため通常値が増減することがあります。

    Liquidity Internal Tokens (EaD)

    (内部流動性基金) と略称 "EaD " の1ユロ名目価格は、すべての SocialRemit ブロックチェーンネットワーク株式会社のプラットフォームによって提供される全てのサービスの支払い方法として内部に使用されます。

    チーム すべてを見る

    Rahim Shaker
    Rahim Shaker
    Financial expert
    Willson Anderson Mendoza Colmenares
    Willson Anderson Mendoza Colmenares
    Developer expert
    Vicente Garcia Rodriguez
    Vicente Garcia Rodriguez
    Security & servers expert
    Guillermo Valle Mendoza
    Guillermo Valle Mendoza
    Blockchain developer expert
    Eurics Santi
    Eurics Santi
    Auditor
    Leonardo Reyes
    Leonardo Reyes
    Financial expert

    人気STO/ICO記事

    • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

      世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ
    • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

      投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)
    • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

      ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており