Ronaldinho Soccer Coin Project - サッカーワールドのための重要なコインを作り出す

WSCは、ブラジルのサッカーチームの元メンバーであるロナウジーニョと協力して、デジタルサービスと実サービスの両方を提供する画期的なサッカービジネスを開始します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
RSC
開始日時
2018-08-26
終了日時
2018-10-17
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
35,000,000 USD
初回価格
1 RSC = 0.26 USD
トークン供給数
140,000,000
公式サイトへ Owner of Ronaldinho Soccer Coin Project?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームNEO
タイプOTHERS
参加可能通貨BTC, ETH, NEO
供給率不明
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域China, United States, Singapore
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-sale period: 16.08.18 - 25.08.18 - 1 RSC = 0.22 USD

概要

ロナウジーニョが「夢、希望、笑顔でいっぱいの世界」を作り出すの宣言につれて、サッカーワールドの重要なコインを作り上げます。 この理念を達成するために、WSCは約35億人のサッカーファンを対象としたリアルとデジタルビジネスを展開します。 NEOと共同でビジネスの基盤となるブロックチェーン技術を開発します。 RSCプラットフォームを作成することで、ロナウジーニョデジタルスタジアム、ベッティング(RSCスーパーリーグ、eスポーツ)、エージェントシステム(ロナウジーニョサッカーアカデミー、スマイルプロジェクト)のサービスを開発します。 ロナウジーニョとWSCはこのプロジェクトを通じて、できるだけ世界に貢献します。

チーム すべてを見る

Ronaldinho
Ronaldinho
Co-Founder
Ward Saito
Ward Saito
CEO of WSC
Aaron Mulder
Aaron Mulder
In charge of Betting
Dima Zaitsev
Dima Zaitsev
In charge of Marketing
Moon Inshic
Moon Inshic
Strategy Supervising Advisor
Riaz Paul
Riaz Paul
In charge of Middle East Marketing

人気STO/ICO記事

  • 韓国のIT業界4名、不特定の人事担当者のPCに侵入しMoneroをマイニング・・懲役が下される

    韓国の現地メディアKBSによると、IT業界で働いていた4名が2017年10月から12月までの2か月にわたり、韓国企業の人事担当者のPCに侵入し、時価総額10位のモネロをマイニングした疑いで逮捕された。フリーランスプログラマー、ショッピングモールを運営している4名は、2017年9月、注目を浴びていた仮想通貨を利用し、情報通信技術の盲点を狙い犯行を行った。仮想通貨で金銭的な利益を得るには、マイニングをするか、取引で利益を得る2つの方法がある。彼らはこの中で、マイニングを選んだ。通常マイニングを事業化するには、数百台のパソコンを用意する必要があるが、彼らはインターネットに接続された不特定多数のPCに
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)
  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ