Ronaldinho Soccer Coin Project - サッカーワールドのための重要なコインを作り出す

WSCは、ブラジルのサッカーチームの元メンバーであるロナウジーニョと協力して、デジタルサービスと実サービスの両方を提供する画期的なサッカービジネスを開始します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
RSC
開始日時
2018-08-26
終了日時
2018-10-17
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
35,000,000 USD
初回価格
1 RSC = 0.26 USD
トークン供給数
140,000,000
公式サイトへ Owner of Ronaldinho Soccer Coin Project?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームNEO
タイプOTHERS
参加可能通貨BTC, ETH, NEO
供給率不明
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域China, United States, Singapore
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-sale period: 16.08.18 - 25.08.18 - 1 RSC = 0.22 USD

概要

ロナウジーニョが「夢、希望、笑顔でいっぱいの世界」を作り出すの宣言につれて、サッカーワールドの重要なコインを作り上げます。 この理念を達成するために、WSCは約35億人のサッカーファンを対象としたリアルとデジタルビジネスを展開します。 NEOと共同でビジネスの基盤となるブロックチェーン技術を開発します。 RSCプラットフォームを作成することで、ロナウジーニョデジタルスタジアム、ベッティング(RSCスーパーリーグ、eスポーツ)、エージェントシステム(ロナウジーニョサッカーアカデミー、スマイルプロジェクト)のサービスを開発します。 ロナウジーニョとWSCはこのプロジェクトを通じて、できるだけ世界に貢献します。

チーム すべてを見る

Ronaldinho
Ronaldinho
Co-Founder
Ward Saito
Ward Saito
CEO of WSC
Aaron Mulder
Aaron Mulder
In charge of Betting
Dima Zaitsev
Dima Zaitsev
In charge of Marketing
Moon Inshic
Moon Inshic
Strategy Supervising Advisor
Riaz Paul
Riaz Paul
In charge of Middle East Marketing

人気STO/ICO記事

  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部
  • 【7/11】世界ニュースまとめ - カナダ政府、仮想通貨取引所登録を義務化へ、プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認

    10日、コインテレグラフによるとカナダ政府が来年の2020年6月1日までカナダ現地のすべての仮想通貨取引所を対象に「カナダ金融取引報告分析センター(FinTRAC)」への登録を義務化した。カナダ政府はマネーロンダリング、テロ資金支援などの犯罪収益に対する規制改正案を発表し、現地の仮想通貨取引所が当局の登録手続きを遵守しないといけないことを明らかにした。これに関して現地Oslerの法律事務所のLori Stein弁護士は今回の改正案発表で仮想通貨業界に対する現地銀行及び金融機関のサービス提供がより開放的で円滑になると展望した。一方で今回の改正案で仮想通貨取引所が現地市場で離脱する可能性もあると予
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー