Smilo - 良心を持つブロックチェーンプラットフォーム

Smiloは、ハイブリッド取引、ハイブリッドスマートコントラクト、ハイブリッド分散アプリケーションを容易にすることができるユニークなフル機能のハイブリッドブロックチェーンプラットフォームです。 そのため、Smiloは個人のデータのプライバシーを保護し、個人が相互に関係する組織からの完全な透明性を保証します。Smiloは独自のSmilo BFT +コンセンサスプロトコルに基づいています。 このコンセンサスアルゴリズムと専用のSmiloネットワークプロトコル(SNP)を組み合わせることで、セキュアでスケーラブルで迅速かつ持続可能なトランザクションが保証されます。 これらの機能を考慮して、私たちはSmiloを良心を持つハイブリッドブロックチェーンプラットフォームと呼びます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
Smilo
開始日時
2018-09-07
終了日時
2019-05-10
最低目標
2,500,000 USD
最高目標
18,000,000 USD
初回価格
1 Smilo = 0.25 USD
トークン供給数
84,960,000
公式サイトへ Owner of Smilo?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームSmilo
タイプSmilo
参加可能通貨ETH
供給率42.48%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • PRE - SALE - Between 0% and 50% depending on the sale, investment amount and the vesting period

概要

Smiloは、ハイブリッド取引、ハイブリッドスマートコントラクト、ハイブリッド分散アプリケーションの組み合わせをサポートするユニークなブロックチェーンプラットフォームです。 Smiloの意図は、分散アプリケーション用の代替プロトコルを作成するためにブロックチェーン技術を使用することです。    Smiloのユニークな強さは、いくつかの機能を組み合わせたものです。 Smiloプラットフォームの最良のアフォーダンスは、ハイブリッド取引、スマートコントラクト、および分散アプリケーションです。これらの機能を組み合わせたプラットフォームはありません。これらの機能の組み合わせは、さまざまなシナリオで非常に役立ちます。    Smiloプラットフォームの中核チームは、さまざまな専門分野のメンバー16人で構成されます。コアチームに加えて、Smiloプラットフォームは、フリーランスパートナーシップを通じてSmiloのために働く200人以上の開発者にアクセスできます。 Smiloプラットフォームのリーダーは30年以上のビジネスとIT経験を持っています。    Smiloの目的は、ハイブリッド取引、スマートコントラクト、および分散アプリケーションをホストするフル機能のブロックチェーンプラットフォームを作成することです。我々はsquare oneからJavaでプラットフォームを作成しているので、完全にオープンソースであることを保証します。

チーム すべてを見る

Kelly Robles de Medina
Kelly Robles de Medina
Blockchain Developer
Elkan Roelen
Elkan Roelen
Chief Executive Officer
Andy Kalbvleesch
Andy Kalbvleesch
Director of Operations
Patrick Joore
Patrick Joore
Director of Marketing
Thomas Modeneis
Thomas Modeneis
Director of Technology
Fabio Cruz
Fabio Cruz
Blockchain Architect

人気STO/ICO記事

  • コイン相場アプリで仮想通貨をウォッチリストに追加する方法3つ

    コイン相場ユーザーの皆様、コイン相場のウォッチリストから仮想通貨を追加する方法が3つもあるということをご存知ですか?気になる仮想通貨をどういった方法で追加するかはユーザー様次第ですが、状況によって効率よく追加する方法を考え、追加を簡単にお試しください。コイン追加・削除(編集)の画面で編集していたけど、追加したい仮想通貨がある場合は以下のような手順で簡単に追加できます。<ins></ins>ウォッチリストを見ていた際に、追加したい仮想通貨がある場合は以下の手順が効率がいいですのでお試しください。<ins></ins>銘柄の名前を覚えていないが確かにあの取引所にあったな見たらすぐ思い出せると思った
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7