Smart Valor - グローバル投資の革命

インターネットが情報へのアクセスを民主化したように、ブロックチェーンは価値へのアクセスを民主化します。 この技術をベースに、SMART VALORの使命は、最良の金融へのアクセスを民主化し、代替投資への摩擦のない安全なアクセスを提供することです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VALOR
開始日時
2018-11-01
終了日時
2018-11-26
最高目標
45,000,000 CHF
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
45,000,000
公式サイトへ Owner of Smart Valor?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率45%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

SMART VALOR AGは2017年4月にツークに設立されたスイス企業で、トークン化された代替投資のための最初の分散型グローバルマーケットです。

同社の使命は、世界中の人々にデジタル資産へのアクセスを、簡単かつ安全に、かつ準拠して提供することです。同社はブロックチェーン技術を利用して富へのアクセスを民主化しています。

スイスの暗号に優しい規制に基づき、VALORプラットフォームは、次のような代替投資に焦点を当てたオンライン投資プラットフォームです。

  1. 仮想通貨と非証券トークン(プロトコル、ユーティリティ、および支払いトークン)。 2.若手企業の株式、不動産、暗号資金、ベンチャーキャピタル、プライベートエクイティファンドなどの資産担保証券トークン。

チーム すべてを見る

Olga Feldmeier
Olga Feldmeier
Founder and CEO
Oliver Feldmeier
Oliver Feldmeier
COO
Julien Bringer
Julien Bringer
Chief Security and Cryptography Expert
Thomas Felber
Thomas Felber
CIO
Davide Carboni
Davide Carboni
Senior Blockchain Architect
Alexandra-Daniela Sowa
Alexandra-Daniela Sowa
Head of Legal and Compliance

人気STO/ICO記事

  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • 新規ウォッチリストを追加する方法

    コイン相場ユーザーの皆様はウォッチリストを分けて使っていますか?私も長い間「お気に入り」というウォッチリストだけを使っていましたが、社内のほかの方々の使い方を見て色々と工夫してみたら、仮想通貨の管理がとても楽になりました。この経験から、新規ウォッチリストを追加する方法をぜひ皆様に共有したいと思い今回の記事を作成いたします。皆様も本記事を参考に新規ウォッチリストの追加して、仮想通貨の管理を最大に効率化してください。<ins></ins><ins></ins>以上、コイン相場アプリの新規ウォッチリストを追加する方法でした。使い方によっては仮想通貨の投資がとても楽になる機能です!色々とお試しください
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし