Smart Valor - グローバル投資の革命

インターネットが情報へのアクセスを民主化したように、ブロックチェーンは価値へのアクセスを民主化します。 この技術をベースに、SMART VALORの使命は、最良の金融へのアクセスを民主化し、代替投資への摩擦のない安全なアクセスを提供することです。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VALOR
開始日時
2018-11-01
終了日時
2018-11-26
最高目標
45,000,000 CHF
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
45,000,000
公式サイトへ Owner of Smart Valor?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率45%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

SMART VALOR AGは2017年4月にツークに設立されたスイス企業で、トークン化された代替投資のための最初の分散型グローバルマーケットです。

同社の使命は、世界中の人々にデジタル資産へのアクセスを、簡単かつ安全に、かつ準拠して提供することです。同社はブロックチェーン技術を利用して富へのアクセスを民主化しています。

スイスの暗号に優しい規制に基づき、VALORプラットフォームは、次のような代替投資に焦点を当てたオンライン投資プラットフォームです。

  1. 仮想通貨と非証券トークン(プロトコル、ユーティリティ、および支払いトークン)。 2.若手企業の株式、不動産、暗号資金、ベンチャーキャピタル、プライベートエクイティファンドなどの資産担保証券トークン。

チーム すべてを見る

Olga Feldmeier
Olga Feldmeier
Founder and CEO
Oliver Feldmeier
Oliver Feldmeier
COO
Julien Bringer
Julien Bringer
Chief Security and Cryptography Expert
Thomas Felber
Thomas Felber
CIO
Davide Carboni
Davide Carboni
Senior Blockchain Architect
Alexandra-Daniela Sowa
Alexandra-Daniela Sowa
Head of Legal and Compliance

人気ICO記事

  • GWのお問い合わせについて

    GWの株式会社COINJINJAの営業時間に関しまして以下、お知らせいたします。4月最終営業日・2019年4月26日(金) 営業時間 11:00~16:00お問い合わせ休業期間・2019年4月27日(土)~ 5月7日(火)5月営業開始日・2019年5月8日(水)営業時間 11:00~16:00コイン相場のご利用についてお問い合わせ休業期間中も通常通りご利用いただけます。休業期間中にいただいたお問い合わせは、営業開始日5月8日(水)から順次ご返答させていただきます。あらかじめ、ご了承いただきますようお願いいたします。引き続きコイン相場をよろしくお願いいたします。
  • 【ポイ活の始め方】人気ポイントサイト「げん玉」の登録方法を解説!

    げん玉とは会員数440万人を誇る、老舗のポイントサイトです。げん玉を経由してネットサービスを利用すると、お得なポイントが獲得できるので、や、として今(でポイントを稼ぐ活動)が話題になっています。(最近は、高校生のお小遣い稼ぎ方法としても当たり前になっているのだとか)は元々は、が運営していたでしたが、子会社のに事業が受け継がれています。因みに、げん玉に登録するということはRWS(リアルワールドサービス)のIDを取得することになりますので、ようになります。尚、当ページはを具体的に紹介していくトリセツ的なものになりますので、げん玉の詳細を知りたい方は以下の記事をご参照ください。▶
  • DeFiを理解する:ブロックチェーン注目トピックの良記事まとめvol.1

    2019年04月16日追記: おすすめ記事を1つ追加しました。直近の半年で話題になり、注目を集めているトピックの1つが #Defi 分散型金融だろう。何より、実際自身の手で動かしてみることが出来るプロジェクトが多いという意味で、誰にでもとっつきやすいテーマである。クリプトトレーダーやdAppsゲーマーの皆さんのように、基本的なブロックチェーンの理解がある方々だと理解はきっと難しくないはずだ。尚、Editors Choice by CoinViewは、注目トピックの概要を網羅的に理解出来る記事を紹介することで、全体像と概況をスムーズに掴む一助になればという試みだ。直接レポートを書くという事はせず